TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2015年06月30日

凸版印刷、バイオマスポリエチレンを使用した
医薬品向け易開封パッケージを開発
~バイオマスプラスチック製品「BIOAXX」シリーズの新製品、
錠剤など厚みのある内容物でも手でまっすぐ開封可能~
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、バイオマスプラスチックを使用した製品「BIOAXX(バイオアクス)」シリーズの新製品として、バイオマスポリエチレン(以下 バイオマスPE)を使用した医薬品向けの易開封パッケージを開発しました。2015年7月より販売を開始します。
 本製品は、バイオマスPEを使用しながら易開封性を実現したラミネート包装材です。具体的には、印刷基材となる最表面のPETフィルムのみにミシン目加工を施す技術を活用することにより、内側のバリア層に影響を与えることなく、開けやすいパッケージを開発。これにより、医薬品錠剤やカプセル剤などに使用されるPTP(Press Through Package)包装などの外装材として、手でまっすぐ開けられるバイオマスPEパッケージを実現しました。
image
医薬品向け易開封パッケージのサンプル
© Toppan Printing Co., Ltd.

■ 開発の背景
 バイオマスプラスチックは、植物由来の原料を用いた、持続的利用ができる再生可能資源です。石油など化石資源の使用量を削減できるため、持続可能な社会形成に貢献できます。また、植物の生育時に大気中のCO2を吸収していること、および焼却しても焼却時のCO2発生量と植物生育時のCO2吸収量がプラスマイナスゼロとみなされることから、石油由来のプラスチックに比べてCO2排出量を削減することができる、環境に配慮した材料として注目されています。
 凸版印刷は、「地球温暖化防止」および「石油使用量削減」に向けた取り組みの一つとして、1991年よりバイオマスプラスチックを使用した包装材の開発・商品化に取り組んでいます。2011年に厚さ100µm以上、翌2012年に厚さ40µm以下のバイオマスPEを使用したラミネート包装材を日本で初めて開発。食品やトイレタリー、医薬品など幅広い分野の軟包装材として展開しています。
 調剤薬局などの現場において、錠剤やカプセルなどのPTP包装を用いた医薬品は、薬剤師が外装パッケージからPTP包材を取り出して使用しています。従来のPTP包材の外装パッケージは、切り口が中のPTPシートに引っかかってしまうことが多く、中身が取り出しにくいといった課題がありました。
 このたび、PTP外装材にも対応した易開封性のあるバイオマスPEパッケージを開発。環境に配慮した素材でありながら、厚みのある内容物でも開封性を向上を実現しました。


■ 本製品の特長
・易開封性のあるバイオマスPEパッケージ
フィルムの材料構成を変えることなく、印刷基材である最表面にだけミシン目加工を実施。
PTP包装など、厚みのある内容物の外装材として使用しても易開封性のあるバイオマスPEパッケージを実現しました。
・10%以上のバイオマス比率
バイオマスPEの押し出し加工技術により、最低でも10%程度のバイオマス比率を確保。従来の石油由来製品を使用した場合と比較して約5%のCO2排出削減効果が得られます。
・従来品と同等の物性を保持
シール強度やラミネート強度など各種物性において、従来品と同程度の品質を保持しています。
・メカニカルリサイクルPETフィルムの併用も可能
メカニカルリサイクルPETフィルムをバイオマスPEフィルムと併用することも可能です。
・「バイオマスプラマーク」や「PETボトルリサイクル推奨マーク」が使用可能
環境保全に配慮した製品として、「バイオマスプラマーク」や「PETボトルリサイクル推奨マーク(*)」の使用が可能です。
  * メカニカルリサイクルPETフィルムを使用した場合。


■ 価格
 従来の石油由来製品を使用した易開封パッケージと比較して、約1割のコストアップとなります。


■ 今後の目標
 凸版印刷は本製品を医療医薬業界はもちろん、食品やトイレタリー業界に向け拡販、2016年度に本製品とその関連受注を含め、約30億円の売上を目指します。さらに、「BIOAXX」シリーズをプラスチック成型品やプラスチックカードなど、他ジャンルへの展開を推進していきます。



* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る