TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2015年05月19日

凸版印刷、HEMSデータの新たな活用方法を提案する、
環境省「HEMSデータによるCO2削減行動の評価マニュアル」を作成
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大森京太、以下 MRI)と共同で、環境省「平成26年度HEMS(Home Energy Management System)活用によるCO2削減ポイント構築推進事業(以下 本事業)」にて、HEMSデータの新たな活用方法を提案する、環境省「HEMSデータによるCO2削減行動の評価マニュアル(以下、本マニュアル)」を作成しました。

 凸版印刷とMRIが実施した本事業の事前調査において、光熱費の節約や省エネに関する状況が把握できるようなサービスに対し、HEMSユーザのニーズが高いという結果が出ています。しかし、CO2削減努力を評価するために取得すべきデータの種類や、そのデータを活用したCO2削減努力の評価方法について、体系的に整理した先行事例や文献がなく、HEMSユーザのニーズに応えることが困難でした。
 本事業では、家庭で行ったCO2削減につながる努力を、HEMSで取得したデータ(以下 HEMSデータ)を使い評価する方法や手順を整理することで、HEMSサービスの価値向上に寄与する方法を検討してきました。本マニュアルは、HEMSデータを使って、個人や家庭がCO2削減のために実施した努力を評価するための手順や方法について解説しています。


■ 背景
 平成28年4月からの電力小売り全面自由化に伴い、省エネ努力に応じたポイント付与やクーポン発行など、HEMSを活用したサービスの拡大が予想されます。
 凸版印刷は平成24年より3年間にわたり、環境省の委託事業としてHEMSを有効利用し、家庭におけるCO2削減行動を促進する方法を、有識者や専門家を交えた検討を行いました。
本マニュアルでは、できる限り専門的な知識を必要とせず、網羅的にまとめられた情報を、押さえるべきポイントに絞ることにより、HEMSデータの有効活用を検討している事業者が利用しやすいよう工夫しました。


■ 本マニュアルについて
名称: HEMSデータによるCO2削減行動の評価マニュアル
発行元: 環境省
発行日: 平成27年5月
掲載内容;
第1章 CO2削減行動の評価手順
第2章 CO2削減努力の種類と取得すべきデータ
第3章 HEMSデータのクレンジング方法
第4章 CO2削減努力の評価方法の種類と評価手順
第5章 本マニュアルの活用例


■ 今後の目標
 凸版印刷は今後も、低炭素化社会の実現に向けた効率の良いエネルギーマネジメントシステムの開発・事業化に向け、これまで培ってきた知見を元に、開発した手法やシステムを活用し、エネルギーサービス提供事業者に有効なソリューションを提供していきます。


■ 凸版印刷の環境省委託事業における、これまでの取り組み
 凸版印刷は、環境省委託事業「平成23年度家庭エコ診断効果検証実測調査事業」において、約1,000世帯のHEMSエネルギーデータを取得し、家庭エコ診断の効果検証などを行いました。本事業では、平成24年度からの3年間を通して、家庭におけるCO2排出量の削減を適切に評価しインセンティブを付与する方法について検討してきました。平成24年度は、HEMSサービスの現状を調査し、HEMSサービスが抱えている課題を抽出しました。平成25年度は、HEMSを活用した新たな仕組みの一案を提示するとともに、HEMSデータを分析することによってCO2削減努力を評価する方法を検討しました。平成26年度は、3年間の継続事業の成果をまとめとして、HEMSデータによって削減努力を評価する方法を検討するとともに、HEMS事業者などに向けたマニュアルを作成しました。また、その結果を利用しHEMSを活用した仕組みを構築するとともにCO2削減ポイントプログラムを試行実施し、その効果を検証しました。

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以上

ページの先頭へ戻る