TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2015年04月03日

凸版印刷、スマートフォンを用いて直感的な操作で仮想体験を実現する
販促向けソリューション「VRscope®」を提供開始
~没入感の高いボックス型と簡易導入が可能なカード型の2タイプのビューアをラインアップ、
ビューアの表面デザイン・印刷からコンテンツの企画・制作から配信までワンストップで対応~
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、スマートフォンを用いて直感的な操作で仮想体験を実現する販促向けソリューション「VRscope®(ヴィアールスコープ)」の提供を2015年4月から本格的に開始します。
 本ソリューションは、スマートフォンに配信した360度パノラマの動画や静止画コンテンツを、凸版印刷が独自開発した専用のビューアにセットして鑑賞することで、立体感・臨場感にあふれるバーチャルリアリティ(VR※1)コンテンツを提供するものです。ビューアの形状としては、視野が覆われるため没入感が高い「VRscopeボックスタイプ」と、組み立て式で製造・配布が容易な「VRscopeカードタイプ」の2種類をラインアップ。ビューアの表面デザインや印刷はもちろん、凸版印刷が従来培ってきた高精細CG技術を活用したコンテンツの企画・制作から配信まで、ワンストップでの提供を可能にしました。
 凸版印刷は本ソリューションを、イベントや商品プロモーション、雑誌のノベルティなどのような販促用途での利用を想定し、住宅や自動車、観光、出版などあらゆる分野の企業向けに販売します。
なお本製品は第一弾として、株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:藤森義明)が今春実施するお客さま向けイベントでの採用が決定しています。
image
「VRscopeボックスタイプ(上左)」と「VRscopeカードタイプ(上右)」、VRscopeでの鑑賞イメージ(下)
© Toppan Printing Co., Ltd.

■ 開発の背景
 昨今、生活者のライフスタイルの変化やメディアの多様化などにより、企業と顧客である生活者をつなぐコミュニケーション手法は大きな変化を見せています。特に近年の技術革新により、高品質なビジュアルや体感型コンテンツがスマートフォンで閲覧できるようになったため、スマートフォンを用いた訴求力の高いプロモーションの実施が本格化してきています。
 凸版印刷はこれまで、カタログやパンフレット向けの高精細CGやVR技術を活用した映像コンテンツの制作や3Dシミュレーションサービスなどを提供してきました。今回、これらのノウハウと、POPやプレミアム制作などで培ってきたモノづくりのノウハウを融合することにより、最新のデジタル映像技術を用いた新しい販促向けソリューションの提供を実現しました。


■ 「VRscope」の特長
・コンテンツの企画・制作から配信までワンストップで対応
凸版印刷が従来培ってきた高精細CG技術やシミュレーションシステムなどのビジュアルソリューションにより、企業の目的に合ったコンテンツの企画・制作はもちろん、Webによるコンテンツ配信やアプリ開発まで、ワンストップで対応が可能です。
・用途に合わせた2タイプのビューアを用意
視野が覆われるため没入感が高い「VRscopeボックスタイプ」と、カードサイズで組み立て式のため製造・配布が容易な「VRscopeカードタイプ」の2タイプを展開。ボックスタイプはイベントでの配布などに、カードタイプは雑誌やカタログへの綴じ込みやDM封入など、用途に合わせて選択できます。
・多様な映像タイプ
2眼ならではの特長を活かした高度な立体視表現はもちろん、ビューアの傾きと連動して見える角度が変わる360度パノラマの動画・静止画にも対応。まるでその場にいるような体験や空間を歩き回っているような体験など、立体感・臨場感にあふれる多様な映像タイプに対応できます。
また、画面内の一点凝視やスマートフォンのシェイク機能による表示切り替えなど、インタラクティブなコンテンツの制作も可能です。
・美粧性の高いビューアデザイン
ビューアは厚紙や段ボール、プラスチックなど多様な素材から選択できます。また自由なグラフィックや印刷表現が可能なため、使用目的に合ったデザインが可能です。


■ 価格
・コンテンツ制作基本料金: 50万円~
  *価格は税抜き。基本料金には、コンテンツの企画・制作・配信を含む。
・ビューア制作基本料金; VRscopeボックスタイプ…250円/個、VRscopeカードタイプ…150円/個
  *価格は税抜き。上記は、厚紙素材でロット1万個制作時。デザイン代、印刷代は別途。


■ 今後の目標
 凸版印刷は今後「VRscope」を拡販し、2017年度に約10億円の売上を目指します。


※1 バーチャルリアリティ(VR)
コンピュータで生成された三次元コンピュータ・グラフィックスの映像の中を自由に移動しながらその三次元空間にいるかのような感覚を体験することができる技術です。

* 「VRscope」は凸版印刷株式会社の登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る