TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2015年03月13日

九州国立博物館と凸版印刷、専用のVRゴーグルを用いて
特別史跡「王塚古墳」のVRコンテンツが楽しめる個人向けサービスを開発
~VRコンテンツを特設Webサイトからスマートフォンに期間限定で配信、
自宅や史跡など自由な場所で鑑賞可能~
九州国立博物館(所在地:福岡県太宰府市、館長:三輪嘉六)と凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、専用のVRゴーグルを用いて特別史跡「王塚古墳」のバーチャルリアリティ(VR※1)コンテンツが楽しめる個人向けサービスを開発、2015年3月14日から12月31日までの期間限定で提供します。本サービスは、特設Webサイトから個人が所有するスマートフォンにVRコンテンツを配信、九州国立博物館ミュージアムショップにて数量限定で販売される専用VRゴーグルにスマートフォンを装着して鑑賞・体験できるものです。なお、文化財をテーマにした個人向けVRコンテンツ配信サービスは、今回が日本初となります。
 現在、九州国立博物館で開催中の特別展示「進化する博物館Ⅲ 最新技術でよみがえる九州の装飾古墳」にて、九州国立博物館と凸版印刷は、両者で共同開発した特別史跡「王塚古墳」内部を鑑賞・体験する簡易型ヘッドマウントディスプレイ(※2)用VRコンテンツを公開。体験者から「あたかも古墳の中に入って装飾を鑑賞したような体験ができた」、「この体験を持ち帰りたい」など好評を博しています。
 今回、生活者が自宅や史跡などに自由に持ち運び個人で楽しむことができる、WebGL(※3)を利用したストリーミング配信VRコンテンツを専用のVRゴーグルと合わせて開発、商品化しました。本コンテンツは展示室で公開中のものと同様に、王塚古墳の石室内部を、文様を探すクイズ形式で鑑賞できます。
 さらに今後、個人向けサービス版のみの新機能として「フリー鑑賞モード」なども追加する予定です。
07.画像1
今回販売する専用VRゴーグル(左)とVRコンテンツ「王塚古墳」(右)
※1 VR (バーチャルリアリティ)
コンピュータで生成された三次元コンピュータ・グラフィックスの映像の中を自由に移動しながらその三次元空間にいるかのような感覚を体験することができる技術です。
※2 簡易型ヘッドマウントディスプレイ
紙などでつくられた筐体にレンズを取り付け、スマートフォンと組み合わせてバーチャルリアリティを体験することができるもの。
※3 WebGL

Webブラウザ上で3次元CGを表示させることができる仕様のひとつ。

 

■ サービス概要
対応するスマートフォンで特設Webサイトにアクセスし、専用VRゴーグルに装着することで特別史跡「王塚古墳」の石室内部をバーチャル鑑賞・体験できます。
<パーソナル版ストリーミング配信VRコンテンツ>
・配信期間: 2015年3月14日(土)〜12月31日(木)
・対応端末: iOS 8以上のiPhone 5 / iPhone 5s / iPhone 6 (2015年3月現在)
*Android端末は非対応です。
*当コンテンツは下記の専用VRゴーグル購入者のみ利用できます。
<専用VRゴーグル>
・販売場所: 九州国立博物館 ミュージアムショップ
・発売日: 2015年3月14日(土)~ (1,000個限定)
・販売価格: 800円(税別)
・販売元: 九州国立博物館
・対象年齢: 7歳以上
*当ゴーグルは上記ストリーミング配信VRコンテンツ鑑賞専用です。

■ 「進化する博物館Ⅲ」について
 「進化する博物館Ⅲ 最新技術でよみがえる九州の装飾古墳」ではVR映像展示のほか、九州地方の代表的な装飾古墳の模写やパネル展示、古墳内部の再現CG映像など、従来の展示とデジタル展示を組み合わせた未来の博物館展示のあり方を提案しています。
  会期: 2015年2月3日(火)~3月29日(日)
  場所: 九州国立博物館 文化交流展示室1室
  入場料: 文化交流展観覧料(大人430円、大学生130円)が必要です。
・「進化する博物館Ⅲ」特別シンポジウムについて
  開催日: 2015年3月14日(土)
  場所: 九州国立博物館 ミュージアムホール
  時間: 13:00~16:00 (開場 12:30)
  参加料: 無料
  内容: 「装飾古墳がやってくる」~e-Heritageへの招待~
・第1部 「九州装飾古墳群」 13:00~14:30
        講演者: 池内克史(東京大学大学院 情報学環教授)
              朽津信明(東京文化財研究所 保存修復科学センター修復材料研究室長)
              河野一隆(九州国立博物館 企画課文化交流展室長)
・第2部 「VR作品特別上演会」 14:45~16:00
       上演作品:
・VR作品『アンコール遺跡バイヨン寺院』特別上演解説
・VR作品『百舌鳥古墳群』特別上演解説
・映像作品「装飾古墳バーチャルシアター作品上映」

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る