TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2015年01月20日

凸版印刷、オリジナル書体「凸版文久体®」で、
電子書籍や電子雑誌でも読みやすい
本文用ゴシック体「凸版文久ゴシック R」を提供開始
凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下凸版印刷)は、1956年に「築地体(※1)」を源流として誕生した凸版印刷のオリジナル書体を改刻し、電子媒体にも対応した「凸版文久体」を開発。この度「凸版文久体」シリーズ第2弾として、電子書籍や電子雑誌でも読みやすい本文用ゴシック体「凸版文久ゴシック R」を、2015年2月上旬から提供を開始します。
「凸版文久ゴシックR」は、横書きを重視し、読むリズムを演出する抑揚のあるデザインが特長のゴシック体です。現代のデジタルフォントに多く見られる、文字の形や大きさを均一に揃えるデザイン傾向とは異なり、漢字と仮名の大きさに変化をつけ、英数字や記号類は日本語との違いが見えるデザインにしています。このように、「凸版文久ゴシックR」は、凸版印刷が長年積み重ねてきた書体研究の成果にもとづき、文字が持つ本来の形に立ち返ったデザインにすることによって、より日本語の美しさや文化的価値を引き出し、読みやすく、言葉の生み出す意味が伝わりやすい書体を実現しています。
07.画像1
新書体 「凸版文久ゴシック R」
© Toppan Printing Co., Ltd.
13.画像4
従来のゴシック体との比較
© Toppan Printing Co., Ltd.
■ 「凸版文久ゴシックR」について
1.特長
(1) 文字の形や大きさを揃えすぎないデザインで、読むリズムを演出しています。
(2) 漢字・仮名・英数字・記号類は、区別がつくように異なった設計にし、可読性を高めています。
(3) 仮名の起筆部に左からの打ち込みを設け、横書きでの線の流れが見えるようにしています。

 

Toppan 20150120gazou3改造.png

「凸版文久ゴシックR」の特長
© Toppan Printing Co., Ltd.

2.仕様
・ フォントフォーマット : OpenType(※2)
・ 文字セット : Adobe-Japan1-6(23,058文字) / JIS2004準拠、IVS(※3)対応
・ 対応OS : Mac OS X 10.4 以降日本語版/ Windows Vista・7・8 日本語版
3.提供形態
・ 使用許諾ライセンス提供および凸版印刷が展開するコンテンツサービスの基盤として提供

■ 今後の目標
 凸版印刷は「凸版文久体」について、「凸版文久ゴシック R」に続き、「凸版文久見出し明朝」などの開発を推進し、2016年春までに全5書体の提供を目指します。また、多くの読者に読みやすい環境を提供するため、ライセンス提供先の拡大を図り、さまざまなサービスに展開していきます。

■ 凸版印刷のオリジナル書体について
 凸版印刷のオリジナル書体は、1956年に金属活字として誕生し、以来多くの書籍で用いられてきました。書体デザインは現代のデジタルフォントに多大な影響をおよぼした「築地体」を源流とし、平明単純で読みやすく親しみやすいデザインが特長です。「凸版文久体」は、このオリジナル書体を、電子媒体でも読みやすい文字を目指して改刻した新書体で、2014年2月より本文用明朝体「凸版文久明朝 R」を提供しています。

※1 築地体:明治時代の東京築地活版製造所(印刷・活字製造業)の明朝体活字で、日本の明朝体活字の源流のひとつ。
※2 OpenType:フォント形式の一つ。異なるプラットフォーム間でも同様の出力が得られる。
※3 IVS:Ideographic Variation Sequence/Selectorの略。文字符号としては同一視される字形の違いを使い分ける仕組み。

* 『文久体』は凸版印刷株式会社の登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る