TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2014年12月17日

「Shufoo!」、クレディセゾンのポイントプログラム「永久不滅ポイント」と連携、
「永久不滅ポイント×シュフー」を加え、アクションDB連携型パーソナル・セグメント配信事業を強化
~「Tポイント」に続く提携拡大に加え、「Shufoo!」のID化も実施。
ユーザー属性や行動履歴に合わせ、お得コンテンツの最適配信が実現!~

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)が運営する国内最大級の電子チラシポータルサイト「Shufoo!(シュフー)」(※1)は、株式会社 クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:林野宏、以下 クレディセゾン)と共同で、セゾンカード・UCカード会員様向けに、電子チラシを閲覧すると「永久不滅ポイント」が貯まる(※2)スマートフォン向けアプリ「永久不滅ポイント×Shufoo!」を開発。2014年12月17日より提供を開始します。
 今回の「Shufoo!」と「永久不滅ポイント」の連携は、株式会社Tポイント・ジャパンの「Tポイント」に続く第2弾となります。
 これによりユーザーの属性や蓄積された行動履歴に応じて、「電子DM」をはじめとするお得コンテンツを配信するアクションDB(※4)連携型パーソナル・セグメント配信事業を強化します。

 

 「Shufoo!」は、従来より様々な提携企業とともに電子チラシの配信ネットワークを構築しながら、店舗の商圏に基づいたチラシ情報のエリア・セグメント配信サービスを提供。月間690万人に利用されています。
2013年4月には、そのプラットフォームを活かした新しい事業として、5,151万人(2014年11月末時点)の会員が利用する「Tポイント」と提携し、チラシを閲覧すると「Tポイント」が貯まるスマートフォン向けアプリである「Tポイント×Shufoo!」の提供を開始。このアプリを通じて電子DMや電子チラシ、クーポンなどのお得なコンテンツをユーザー属性や行動履歴に合わせて配信するアクションDB連携型パーソナル・セグメント配信事業をスタートしました。加えて、チラシを見るとポイントが貯まる「シュフーポイント」を導入するとともに、あわせて「Shufoo!」アプリのID化を2014年11月より実施しています。
 今回新たに、2,480万人(2014年9月末時点)の会員を保有するクレディセゾンの「永久不滅ポイント」と連携し、アクションDB連携型パーソナル・セグメント配信ネットワークを強化しました。

 

     

1.jpg

 「Shufoo!」は、これらのID連携により、性別や年代などのユーザー属性だけでなく、「Shufoo!」および提携先のアクションDBに蓄積されるチラシの閲覧状況や購買行動などの行動履歴に基づいた電子DMや電子チラシ、クーポンなどのお得コンテンツの最適な配信が実現します。「Shufoo!」はこの配信スキームをアクションDB連携型パーソナル・セグメント配信プラットフォーム」として展開、これによって、企業は商品・サービスのターゲット層と効率的にコミュニケーションすることが可能となります。また、生活者は自らのニーズにマッチしたお得情報を入手可能となります。

 

2.jpg

 

■ 「電子DM」の広告商品としての特長
1.エリア、ユーザー属性やチラシ閲覧履歴、購買行動などに応じたセグメント配信が可能。
2.DM単位でPUSH通知することで注目度の高い配信を実現。
3.ビジュアル性が高く、かつ豊富な情報量のコンテンツを配信可能。加えて動画や音声再生も可能。
 「電子DM」の閲覧に対して、ポイントを付与することで、「電子DM」の開封を促進。
4.DMの開封数、各ページの閲覧数、リンクボタンのクリック数のカウントにより、特に注目度が高かったコンテンツの把握が可能。
5. DM内にリンクを設置することで、キャンペーン応募ページやECサイトへの送客が可能。

3_1.jpg 

      <「永久不滅ポイント×Shufoo!」における電子DMの配信イメージ>

 

■ アクションDB連携型パーソナル・セグメント配信プラットフォームでのスキーム

 4.jpg

 

 ■ 「電子DM」これまでの導入実績
トイレタリー、通販、金融、WEBサービス、エンターテインメント業界の企業に導入実績があります。 

 

■ 今後の展開
 凸版印刷は、流通やクレジットカード会社など会員基盤を持つ企業向けにアクションDB連携型パーソナル・セグメント配信プラットフォームの提案を進め、2016年3月末までに10社と連携するとともに、各連携アプリの総ダウンロード数200万件を予定しています。さらにアクションDB連携型パーソナル・セグメント配信事業として関連受注を含め、2016年度に約10億円の売上を目指します。
 また、提携先と連携して、蓄積されたデータに基づいたお得情報のレコメンドサービスや日常の買い物情報に関連したマーケティングデータサービスの提供を予定しています。

※1 「Shufoo!」について
  凸版印刷が2001年8月より運営を開始し、20-40代の女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス。大手流通各社、地域主力スーパーなど約3,000法人、約104,000店舗が参加。PV数は月間1億6,630万、ユニークユーザー数は月間690万(2014年10月31日現在)となっています。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備えています。また、生活者は、PCに加え、携帯電話やデジタルテレビ、拡大するスマートフォンやタブレット端末など様々なデバイスから日本全国の電子チラシを閲覧することができます。
・PC http://www.shufoo.net
・携帯 http://mobile.shufoo.net
・iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id373909230?mt=8
・iPad http://itunes.apple.com/jp/app/id373911706?mt=8
・Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.toppan.shufoo.android

 

※2 電子チラシの閲覧によって貯まるのは「アクションポイント」です。「アクションポイント」は「永久不滅ポイント」に交換することができます。

 

※3 IDポストについて
これまでのエリアに基づいた電子チラシの配信に加え、ユーザーの属性や利用情報などに合わせた、クーポンや電子DMなどのお得なコンテンツを配信することができる機能

 

※4 アクションDBについて
チラシの閲覧状況や購買行動などの行動履歴を蓄積したデータベース

 

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る