TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2014年11月20日

<Shufoo!お買い物動向レポートvol.3 2015年の福袋購入に関する意識調査>
2015年の福袋購入予定者は今年に比べ17%アップ
福袋購入予定者の42.7%が2個以上購入したいと回答!
~HPや電子チラシなどWEBでの情報収集手段が拡大し、福袋のオンライン購入も増加傾向~

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、全国の男女824名を対象に、2015年の福袋購入に関する意識調査を実施しました。

 

≪主な調査結果トピックス≫

▼2014年の23%に比べ2015年の福袋購入予定者は17%アップの40%
-2015年の福袋平均購入希望個数は1.66個!また、42.7%が2個以上の購入を希望
-約4割が1万円以上の福袋を購入したいと回答

 

▼福袋の購入から見る男女の価値観を比較!現実的な女性と運試しを楽しむ男性!?
-「福袋の中身を確認できる方がいい」と回答する女性は75.5%
  一方、男性は60.9%で「中身が見えない方がいい」と回答する人は女性の2倍!
-“先着型”に弱い女性と“バイヤーおすすめ”や“高額“が好きなプレミアム志向の男性
-2014年話題となった“体験型”より2015年は“モノ”重視傾向     

 

▼HPや電子チラシなどWEBメディアでの情報収集が多様化し福袋のオンライン購入が増加 
-HPや電子チラシなどWEBメディアでの情報収集がオンライン購入を後押しか!?
 今年福袋購入意向者の4人に1人がインターネットで購入経験有

 新たに、未経験者の40.9%が今年インターネットでの購入を検討
-福袋の検討は12月上旬の計画検討層と12月29日以降の直前検討層の二極化
-年越しは電子チラシで福袋・初売りチェック!

 

 今年も残すところ約1か月となり、年末年始の準備を始める企業が増えてきました。電子チラシサービスを展開する「Shufoo!」では、流通各社のチラシの種類や掲載枚数と消費者の閲覧枚数より買い物動向について調査をしており、年末年始の福袋・初売り情報が年間で最も閲覧されることから、福袋に関する調査を行いました。

 

 20代から50代の男女824人に福袋の購入意欲を伺ったところ、2014年は購入意欲が24.4%だったのに対し、2015年17%増加の40%と大幅アップが見られました。実際に2014年度の購入結果が23.1%だったことから、上昇見込みは高いと予測されます。また、福袋の購入希望個数を聞いたところ、42.7%が福袋を2個以上購入したいと答え、全体の平均購入希望個数は1.66個であることが分かりました。さらに、福袋に使用する予定金額を伺ったところ、4割が1万円以上使用する予定と回答しました。

 

 次に福袋の価値観について男女で比較しました。「福袋の中身は見えたほうがいいか」という質問に対して、女性は「見えたほうがいい」との回答が75.5%だったのに対し、男性は60.9%。一方、「見えない方がいい」と回答した女性は8.3%、男性は18.4%と、男性に比べ女性は現実的で、男性は福袋の中身で運試しをする傾向が強いことが予測されます。また、購入したい福袋の種類では、女性は先着10名様限定などの“先着順”に弱いことがうかがえ、有名ブランドや高級グルメなどの“高額”福袋やバイヤーオススメの“厳選”福袋を購入するのは男性に多く、男性はプレミアム志向が強いことが分かりました。

 

 最後に福袋の購入検討手段、購入時期では、店頭や折込チラシに続いてホームページや電子チラシなどのWEBメディアも高く、2015年福袋購入予定者の4人に1人は過去にオンラインでの福袋購入経験があり、購入経験がない人の40.9%も2015年はオンラインで購入してみたいと回答したことが分かりました。店頭まで行かなくても購入できることや確実に購入できることを理由に、オンラインでの福袋購入が増え、WEBでの情報収集がオンライン購入を押し上げているとも予測されます。また、福袋の購入検討時期は、12月上旬の計画検討層と12月29日から31日の直前検討層と2大ピークがあることが分かりました。
また、「Shufoo!」でも、12月中旬以降の金曜日から福袋チラシの掲載枚数が増加し、年末年始にアクセス数が1年で最も高くなることから、年越しは電子チラシで福袋や初売りを探している人が多いと考えられます。

 

<凸版印刷 メディア事業推進本部 電子チラシ事業推進部 部長 亀卦川篤のコメント>
 今回の調査で、福袋の購入においても情報収集および購入手段の両方で、インターネットの伸長が認められました。福袋購入という比較的エンターテインメント性が高い購買行動においても、生活者がWEBメディアで情報収集を周到に行い、ECサイトで確実に購入する傾向があることがうかがえます。
福袋需要期となる12月以降の金曜日と大晦日、元旦は、「Shufoo!」も最大のアクセスを記録する傾向があります。これは「Shufoo!」が、日常の購買以外に福袋需要においても直前検討層の重要な情報源の一つになっていると考えられます。
 更に、年末年始は家電量販店やスポーツ用品店のチラシの閲覧数が普段より増加し、女性のみならず、男性ユーザーが「Shufoo!」でチラシをチェックしていることがうかがえます。「年越は電子チラシで初売・福袋探し」という大晦日の新しい過ごし方も生まれつつあります。
 一方で、通常の店舗需要とは異なり、「Shufoo!」では1月中旬まで福袋のチラシが新規で配信されています。これは、店舗以外のECサイトでの需要が10月頃から始まり、1月中旬まで続くことからくるものです。リアルな市場では福袋という商戦期が年末年始の短い期間だったものが、インターネットを介すると、福袋商戦がロングターム化し、福袋商戦の新しい市場創出につながっていると言えます。インターネットが福袋市場をアップトレンドに導いていると言っても過言ではないでしょう。



 次回の「Shufoo!お買い物動向レポート」のテーマは、「2014年冬のボーナスに関する意識調査」を予定しています。 

 

【調査概要】
調査エリア:全国
調査対象者:20歳から59歳までの男女
サンプル数:824
調査期間:2014年10月24日から10月26日まで
調査方法:インターネットリサーチ
* 本ニュースリリースに含まれる調査結果をご掲載頂く際は、必ず「凸版印刷株式会社 「Shufoo!」 調べ」と明記下さい。

※1 「Shufoo!」について
  凸版印刷が2001年8月より運営を開始し、20-40代の女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス。大手流通各社、地域主力スーパーなど約3,000法人、約103,000店舗が参加。PV数は月間1億4,240万、ユニークユーザー数は月間690万(2014年10月31日現在)となっています。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備えています。また、生活者は、PCに加え、携帯電話やデジタルテレビ、拡大するスマートフォンやタブレット端末など様々なデバイスから日本全国の電子チラシを閲覧することができます。
・PC 
http://www.shufoo.net
・携帯 http://mobile.shufoo.net
・iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id373909230?mt=8
・iPad http://itunes.apple.com/jp/app/id373911706?mt=8
・Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.toppan.shufoo.android

 

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る