TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2014年11月17日

〜凸版印刷と、DMP専業インティメート・マージャー社で連携し、開発〜
ネット広告技術と機械学習エンジンを活用して購買ニーズを把握し、
見込み客発掘を大幅に効率化するCRMサービスを開始
凸版印刷株式会社
株式会社Intimate Merger

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)と、株式会社フリークアウトと株式会社Preferred Infrastructureの合弁会社でDMP (Data Management Platform ※1)専業の株式会社Intimate Merger(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島亮次、以下 インティメート・マージャー)は、オムニチャネル時代にむけ、DMPを活用したマーケティングサービスの共同開発を始動しました。

 その第一弾として、凸版印刷の「CRMソリューション」に、インティメート・マージャーが保有するWEB検索ログなど3.5億件の「オーディエンスデータ(※2)」と、機械学習(※3)技術などを用いた「アドテクノロジー(※4)」を連携させることで、高い精度で見込み客発掘を可能にする新しいCRMサービスを開発。2014年11月中旬より提供を開始します。 

 凸版印刷は、これまで多くの企業にCRMソリューションを提供。得意先にむけたCRMの戦略コンサルティングから、プラットフォーム構築、データ解析、DMなどのコミュニケーション運用までトータルに支援してきました。
 本サービスでは、この凸版印刷の「CRMソリューション」とインティメート・マージャーの「アドテクノロジー」を活用して、得意先が保有する自社顧客情報にオーディエンスデータを組み合わせることで、顧客が商品やサービスを購入する見込みを類推。顧客を「ニーズが顕在化しているグループ」「ニーズが生まれる確立が高いグループ」「見込みの低いグループ」などにセグメントします。セグメントされたグループごとに、最適なセールスチャネルを、オンラインからオフラインまで統合的に組み合わせてアプローチします。これにより購入決定率を高め、顧客とのコミュニケーションの効率化を図ります。

 セールスチャネルとしては、メール・WEB広告などのデジタルチャネルから、DMやアウトバウンドなどのダイレクトチャネル、さらには営業マンの訪問まで幅広い範囲を統合して管理。各チャネルでのセールス手法の効率化、強化を提案し、オムニチャネル化を進める支援を行います。(※図1)

 また凸版印刷が受託する得意先の顧客情報は凸版印刷の高いセキュリティ性を持つデータセンターで管理し、オーディエンスデータの活用についても利用許諾を得たものだけを対象とし、セキュリティ面の安全を担保した運用を行います。

 セールス手法の効率化を求めている企業や、自社顧客との接触頻度が低く、顧客データの活用が進まない企業に有効なサービスとして、金融や不動産など高額商品を取り扱う企業から提供を進めます。

07.画像1
図1 見込度判定とプロモーションの効率化

【開発の背景】
 凸版印刷は、ビッグデータ化が進む中、データセンターの新設や分析環境の高度化などを構築しています。また、CRMの設計・開発・運用を十数年前より進めており、100社を超える企業のマーケティングの効率化・高度化を支援してきました。また、リアルからデジタルまで様々なチャネルのセールス手法の中から最適なものを提供し、オンラインチャネルの活用では近年のアドテクノロジーの進化によって効率化が図り易くなってきました。
 しかし、得意先企業のさらなるコミュニケーションコストの圧縮や、成果向上の要求に応えるためには、デジタルチャネルだけではなく、オフラインチャネルの効率化・高度化が必要となります。
 今回、凸版印刷のCRMソリューションと、インティメート・マージャーが保有するデータソースやアドテクノロジーなどとの連携により、より高精度な顧客分析とリアルチャネルの活用の効率化が可能となりました。

 

【本サービスの特長】
・顧客情報とオーディエンスデータの組み合わせにより、購入見込み度判定の精度を向上
凸版印刷は受託する得意先企業の購買情報や顧客属性情報などの顧客情報とインティメート・マージャーが蓄積、解析するWEB上の利用者の行動履歴、趣味嗜好情報などのオーディエンスデータを組合せて活用。これにより、購入見込み度判定の精度を向上します。

・アドテクノロジーを活用した高精度な自動解析
凸版印刷の「CRMソリューション」とインティメート・マージャーの「アドテクノロジー」、「機械学習エンジン」を連携させたDMPにより、顧客のカテゴライズを高精度に自動解析し、効率化を図ります。

・オムニチャネルに対応し、効率的な運用
凸版印刷は主にDM、カタログ、アウトバウンドなどのオフラインコミュニケーションとスマートフォン・アプリケーションなどのデジタルメディアを、インティメート・マージャーは主にWEB広告、メール、モバイル配信などオンラインコミュニケーションを担います。両社のノウハウを活用し、オムニチャネルに対応。コミュニケーションの効率的な運用を行います。

・高いセキュリティ性を持つデータセンターでの運用

凸版印刷が受託するクライアント企業の顧客情報は、凸版印刷が独自に新設した高いセキュリティ性を持つデータセンターで安全を確保した運用を行います。

 

【今後の展開】

 凸版印刷は、本サービスを不動産関連企業、金融関連企業などをはじめとしたさまざまな企業へ提供し、2017年度までに関連事業を含め30億円の売上を目指します。また、インティメート・マージャーでは、自社が保有する3.5億件のオーディエンスデータと、高いデータ分析技術を用いた本サービスを通じて、データを活用する企業が抱えるマーケティング上の課題に柔軟に答えられる環境整備を行っていきます。
 また両社は、今後もさらにノウハウを活かした新たなサービスを開発し、提供を行っていきます。

 

※1 DMPとは
Data Management Platformの略。自社の顧客データや、自社サイトのログデータ、インターネット上の様々なサーバーに蓄積されるビッグデータなどを一元管理、分析し、最終的に広告配信などのアクションプランの最適化を実現するためのプラットフォーム

 

※2 オーディエンスデータとは
コンテンツ閲覧履歴、検索履歴、アクセス元履歴、広告接触反応履歴などのオンライン行動履歴の総称

 

※3機械学習とは
人工知能における分野の一つで、コンピュータがデータの中の規則性やパターンを自動で発見し、予測に活用するための技術、その総称

 

※4 アドテクノロジーとは
オーディエンスデータによる広告配信セグメントの設計を行うDMP(Data Management Platform)など、ネット広告における配信技術や広告流通技術の総称

 

*本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る