TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2014年10月06日

凸版印刷、紙と樹脂素材を複合したバイオマスプラスチックによる
環境配慮型のプラスチック成型品を開発
~製造段階で排出する廃棄紙を循環利用、企業の環境保全活動に貢献~
凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、紙と樹脂素材を複合したバイオマスプラスチックによる環境配慮型のプラスチック成型品を開発しました。まずはボトルキャップや計量スプーンなどのトイレタリー製品用パーツや、ネジや保護カバーなどの産業製品用パーツ向けに、2015年1月から販売を開始します。
 本製品は、粉末化した紙素材と樹脂素材とを混ぜ合わることで、石油由来プラスチックの使用を最大3割削減したプラスチック成型品です。その紙素材には、バージン紙はもちろん、企業が製造段階で排出する廃棄紙も使用できます。今回、凸版印刷が自社で排出した廃棄紙を原料として使用したプラスチック成型品の量産技術を確立。これにより廃棄紙を削減できるだけでなく、自社製品のプラスチック成型品を作るための資源として循環活用できる仕組みを実現しました。凸版印刷は、企業が排出する廃棄紙を循環利用したプラスチック成型品を拡販し、企業の環境保全活動を支援していきます。なお、廃棄紙を使ったプラスチック成型品の開発は、本製品が印刷業界初となります。

 なお本製品は、2014年10月7日(火)から10日(金)まで開催される「2014東京国際包装展」(会場:東京ビッグサイト)のトッパンブースに展示します。
07.画像1
紙と樹脂素材を複合したプラスチック成型品のサンプル
© Toppan Printing Co., Ltd.
■ 開発の背景
 CO2排出量削減をはじめとした地球温暖化対策や生物多様性保全、環境負荷軽減など、環境問題への関心が高まっている現在、リサイクル資源の活用が重要視されています。特に、企業が製品の製造段階で排出する廃棄紙は、その一部が古紙や再生紙として二次利用されてはいるものの、その有効な活用方法が求められていました。
 このたび、凸版印刷が従来パッケージ製造で培ってきた高い加工技術を応用し、廃棄紙を樹脂素材と混ぜ合わせたバイオマスプラスチックを用いたプラスチック成型品を開発。石油由来プラスチックの使用量を削減するだけでなく、企業が排出する廃棄紙を自社製品に有効活用できるサステナブルな仕組みにより、企業の環境保全活動に貢献します。


■ 本製品の特長
・石油由来プラスチックの使用量を削減
微細に粉末化した紙素材とポリプロピレン(PP)樹脂とを混ぜ合わせた新素材(バイオマスプラスチック)を使用するため、石油由来プラスチックの使用量を削減できます。
・企業の環境保全活動に貢献
原料には企業が排出する廃棄紙を循環利用できるため、サステナブルな製品の開発が可能です。
・ゆがみ・そりを軽減
素材に紙を複合しているため、従来のプラスチック製品と比較し耐熱温度ならびに剛性が向上。製品のゆがみやそりを軽減できます。
・マット調の独特な風合い
従来のプラスチック製品にはない、素材独特の風合いで、マットな質感を演出します。


■ 価格
 凸版印刷の廃棄紙を使用したバイオマスプラスチック成型品の場合、新素材でありながら従来のプラスチック成型品と同等の価格を実現しました。


■ 今後の目標
 凸版印刷は本製品で2016年度に関連受注を含め約5億円の売上を目指します。
 また、凸版印刷は企業から排出されるその他の廃棄物についても同様の素材開発を進め、今後も環境に配慮した製品の開発・提供を通じて、環境活動を推進していきます。



* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以上

ページの先頭へ戻る