TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2014年10月03日

凸版印刷、食品のロスや廃棄削減に貢献する軽包装向けバリアフィルム
「FRESHLIGHT」を展開
~高湿度下でもバリア性能を保持できるOPPタイプのサンプル出荷を開始~
  凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、透明バリアフィルムの新ブランドとして、食品のロスと廃棄削減に貢献する軽包装向けバリアフィルム「FRESHLIGHT®(フレッシュライト)」を展開。第1弾として、高湿度下でもバリア性能を保持できるコーティングフィルム「FRESHLIGHT OPPタイプ」のサンプル出荷を2014年10月中旬から開始します。
 凸版印刷は透明バリアフィルムブランドとして、「GLフィルム」と「PRIME BARRIER®(プライムバリア)」を展開しています。
 「GLフィルム」はPET基材を中心とした透明バリアフィルムで、独自の蒸着加工技術による世界最高水準のバリア性能と用途に応じた豊富なバリエーションが特長です。国内だけでなく海外市場でも高い評価を得ており、透明ハイバリアフィルム市場のトップブランドとして、食品や医薬品など向けに、約45の国と地域、約15,000点の商品に採用されています(2014年9月現在)。
 「PRIME BARRIER」は、GLフィルムをさらに進化・発展させ、卓越したバリア性能や優れた機能性を付加した高機能透明ハイバリアフィルムで、医薬品や産業資材向けに販売しています。
 今回、新たな透明バリアフィルムブランドとして、軽包装向けバリアフィルム「FRESHLIGHT」を展開。第1弾として、高湿度下における酸素バリア性を従来の軽包装向けバリアフィルムと比較して約10倍に向上したOPP(二軸延伸ポリプロピレンフィルム)基材のバリアフィルムを開発しました。

 なお本製品は、2014年10月7日(火)から10日(金)まで開催される「2014東京国際包装展」(会場:東京ビッグサイト)のトッパンブースに展示します。
07.画像1
FRESHLIGHT OPPタイプ
© Toppan Printing Co., Ltd.
■ 開発の背景
 超高齢化や個食・中食需要の増加、家事負担の削減など、生活者のライフスタイルは年々変化しています。それに伴い、食品やトイレタリー製品などのパッケージにも小容量化や小分け化などの変化が見られ始めています。
 その市場変化を受け、おもに菓子・食品分野で使用されているOPPを基材とした軽包装フィルム市場は堅調な伸びを見せており、その市場規模は2014年現在、約240億円と推計されています。
 従来、PET基材の透明バリアフィルムは透明蒸着PETフィルムの開発により、温度や湿度の影響をほとんど受けないバリアフィルムが普及しています。しかしOPP基材の軽包装向けバリアフィルムは、温度や湿度の影響を受けてバリア性能が低下するため、1年を通じて安定したバリア性能を発揮し、内容物の賞味を保持できるバリアフィルムが求められていました。
 凸版印刷はこれらの課題に対応するため、GLフィルムで培ってきたコーティング技術を応用し、温度や湿度によるバリア性能の低下を抑えた軽包装向けバリアフィルムの開発に成功しました。


■ 価格
 従来の軽包装向けバリアフィルムと同等の価格での販売を予定しています。


■ 今後の目標
 凸版印刷は2014年度中に本製品の量産技術を確立し、2015年4月より、菓子・食品業界向けに販売を開始。2017年度に関連受注を含め約30億円の売上を目指します。



* 「FRESHLIGHT」、「PRIME BARRIER」は凸版印刷株式会社の登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以上

ページの先頭へ戻る