TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2014年10月09日

凸版印刷、木材の生産地から容器の生産にいたるまでをトータルに管理、
間伐材マークの認証取得にも対応した間伐材使用の紙製容器を開発
~第1弾として、セブン&アイのプライベートブランド商品で採用~
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、木材の生産地から容器生産にいたるまでトータルに管理し、間伐材マークの認証取得にも対応した間伐材使用の紙製容器を開発しました。なお本製品は第1弾として、株式会社セブン&アイ・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長・最高執行責任者(COO):村田紀敏、以下 セブン&アイ)が発売するプライベートブランド(PB)商品「セブンプレミアム 生きて腸まで届く乳酸菌入り のむアサイー&バナナヨーグルト」と、「セブンプレミアム 春雨スープ(ワンタン、かきたま、坦々麺味)」の容器として採用されました。

 本採用製品の紙製容器には、セブン&アイと一般財団法人セブン-イレブン記念財団が2012年6月より開始した、日本の森林を育て国産木質材の利用を促進する「セブンの森プロジェクト(※1)」などで得られた間伐材を10%以上使用しています。これは、「セブンの森」で伐採した間伐材を、凸版印刷の徹底したトレーサビリティ管理のもと原料となる木材チップに加工し製紙。その用紙を紙容器として用いることで、「セブンの森」を育て、自社製品の容器として活用するサステナブルな仕組みづくりに貢献しました。
 なおこれらの紙製容器は、「セブンの森」で伐採した木材であることを証明することで間伐材マークを取得しており、企業が保有する特定の森の木材であることを証明した間伐材マーク取得製品は、本製品が国内初となります。

 凸版印刷は、地球環境保全を経営の重要課題と考え、今後も、環境に配慮した製品の開発・提供を通じて、環境活動を推進していきます。

 image1.jpg

image2.jpg 

左図: 「セブンプレミアム 生きて腸まで届く乳酸菌入りのむアサイー&バナナヨーグルト」
右図:「セブンプレミアム 春雨スープ(ワンタン、かきたま、坦々麺味)」
 
© Seven & i Holdings Co,. Ltd.

■ 開発の背景
 地球温暖化が進行する現在、企業はその事業活動を行う上で環境保全への配慮が求められています。特にパッケージにおいては、非石油系素材の使用や薄肉化など、環境配慮型の製品が増加しています。
 凸版印刷はセブン&アイと共同で、「セブンの森」の間伐材を含む国産材を30%以上使用した凸版印刷の紙製飲料容器「カートカン(※2)」を使用した、セブン&アイのPB商品「セブンプレミアム かしこく飲む 野菜と果実」を2014年8月に販売。「セブンの森」を活用した環境への取り組みを強化しています。
 凸版印刷はこのたび、木材の生産地トレーサビリティから間伐材マークの認証取得までトータルで管理する仕組みを開発したことにより、間伐材の一定量以上の使用を証明する生産体制を確立。「カートカン」に限らず、新たな紙製容器の製造が可能になりました。


■ 採用商品について

 商品名   セブンプレミアム 生きて腸まで届く乳酸菌入り
 のむアサイー&バナナヨーグルト
 価格  138 円(税込 149 円)
 販売予定

 全国のセブン-イレブン約 17,000 店、全国のイトーヨーカドー175 店、
 ヨークベニマル 179 店、ヨークマート 73 店でも順次販売予定

 商品特長  ・女性に人気の高いフルーツ「アサイー」を使用したのむヨーグルト
 ・栄養価を活かすように、加熱工程を抑えたアサイーピューレを使用
 ・ヨーグルト+アサイー&バナナのおいしい組み合わせ
 ・「アサイー」は PB 商品としては初の使用食材


 商品名  セブンプレミアム 春雨スープ
 (ワンタン、かきたま、担々麺味)
 価格  128 円(税込 138 円)
 販売予定  全国のセブン-イレブン約 17,000 店で順次販売
 商品特長  ・緑豆でん粉と馬鈴薯でん粉を配合したもちっとしたなめらかな食感の
 春雨スープ
 ・10 月中旬より順次「セブンの森」の間伐材を使用した容器に変更を
 実施


■ 今後の目標
 凸版印刷は今後もセブン&アイの協力のもと、「セブンの森」の間伐材を活用した紙製容器の開発を推進していきます。また、この仕組みを他の企業へも展開。木材やリサイクル材など企業が保有する資源を活用した環境配慮型製品を拡販。企業保有の木材やリサイクル材を活用した紙製容器全体で2017年度に約30億円の売上を目指します。



※1 セブン&アイの森プロジェクト
・ 森林所有者と5年間協定を結び「セブン&アイの森」として森林整備活動を行います。
・ 長野県埴科郡坂城町「南条生産森林組合」の所有する約200ha。※東京ドーム約43個分
・ 森林整備費はセブン&アイ・ホールディングスとセブン-イレブン記念財団より拠出。
・ 活動は間伐や樹種転換等、地域ニーズに合わせた森林整備活動。
・ 「小売業」という特性を生かし、セブン-イレブンやイトーヨーカドー等の店舗資材や事務備品、商品等、さまざまな分野で木質材の積極的な活用を推進。
・ 同時にグループ社員もボランティアとして森林整備活動に参加。

※2 カートカン
凸版印刷の透明ハイバリアフィルム「GLフィルム」を使用した、長期保存と風味の維持が可能な紙製の複合容器です。原料となる紙に間伐材を含む国産材を30%以上使用しており、「間伐材マーク」を取得しています。積極的な環境活動を推進する飲料メーカー、食品メーカーなどで採用が拡大しています。



* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る