TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2014年08月25日

<「主婦のスマホ利用に関する意識調査」を実施>
イマドキ主婦の情報収集手段が変わる
主婦のスマホ利用率が昨年48.7%から66.3%に増加
主婦の3人に2人がスマホを活用!
一方で主婦の約2人に1人が新聞定期購読をしていないと回答
主婦の買い物情報収集において重要度が高いのは「チラシ」!
  凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」(※1)は、主婦のスマートフォン(以下、スマホ)利用について継続的に調査しており、25~49歳の既婚女性1,752名を対象に、主婦の食料品購入におけるスマホ利用事情について意識調査を実施しました。

≪主な調査結果トピックス≫

▼ 主婦の3人に2人がスマホを活用している!
-主婦のスマホ利用率が昨年48.7%から2014年は66.3%に増加!

 

▼ 主婦の半分が家庭で新聞を非定期購読
   -主婦の51.4%が新聞の定期購読をしていないと回答

 

▼ 食品購入においてお買い物情報が把握できる「チラシ」が重視される!
-日常のお買い物情報において主婦が影響を受けるのは1位「店頭での陳列商品
を見て」、2位「新聞折込チラシ」、3位に「友人・知人の話」
-「テレビCM」と並ぶ「電子チラシ」や「友人・知人のSNS」

 

 

  「Shufoo!」では、25歳から49歳の既婚女性を対象に、主婦のスマホの利用実態に関する調査を行っており、昨年、主婦の約2人に1人がスマホを所有し、フィーチャーフォンとの保有比率がほぼ同じになったことを発表しました。

 

  2014年はその比率がついに6割を超え、3人のうち2人がスマホを利用していることが明らかとなりました。スマホの普及が進む裏では、約半分の主婦が家庭で新聞の定期購読をしていないとの回答があり、ニュースをスマホで見るなど、イマドキ主婦の情報収集手段に変化が起きていると伺えます。
  また、お買い物の際に主婦が最も影響を受けるのは「店頭での陳列品を見て」という結果で、第2位に「新聞折込チラシ」、第3位に「友人・知人の話」、僅差で「家族の話」と身近な人の情報の影響が高く、お買い得情報が入手できる「チラシ」が主婦のお買い物において影響を与えていることが調査から判明しました。
今後、主婦のスマホユーザーの拡大が進めば、「電子チラシ」や「友人・知人のSNS」などスマホを利用した情報収集手段が伸びていくことが予想されます。

07.画像1
09.画像2
11.画像3
13.画像4

【調査概要】
調査エリア:全国
調査対象者:週に1回以上、スーパーで買い物をする25~49歳の既婚女性
回収サンプル数:1,752
調査期間:2014年5月28日~29日
調査方法:インターネットリサーチ


* 本リリースに含まれる調査結果をご掲載頂く際は、必ず「凸版印刷株式会社 「Shufoo!」 調べ」と明記下さい。

 

※1 「Shufoo!」について
  凸版印刷が2001年8月より運営を開始し、20-40代の女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス。大手流通各社、地域主力スーパーなど約3,000法人、約103,000店舗が参加。PV数は月間1億4,240万、ユニークユーザー数は月間690万(2014年7月31日現在)となっています。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備えています。また、生活者は、PCに加え、携帯電話やデジタルテレビ、拡大するスマートフォンやタブレット端末など様々なデバイスから日本全国の電子チラシを閲覧することができます。
・PC http://www.shufoo.net
・携帯 http://mobile.shufoo.net
・iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id373909230?mt=8
・iPad http://itunes.apple.com/jp/app/id373911706?mt=8
・Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.toppan.shufoo.android

以上

ページの先頭へ戻る