TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2014年05月30日

凸版印刷と花王、
粉末衣料用洗剤「アタック高活性バイオEX つめかえパック」で
日本包装技術協会主催「木下賞」を受賞
~環境、簡便性、使いやすさにこだわった新しい詰め替えパッケージ~
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)と花王株式会社(本店:東京都中央区、代表取締役社長:澤田道隆)は、粉末衣料用洗剤「アタック高活性バイオEX つめかえパック」で、公益社団法人日本包装技術協会が主催する「第38回木下賞(※) 研究開発部門」を受賞しました。
 本パッケージは、袋ごと箱に入れてからその袋を開封するだけで、粉の飛び散りの心配もなく簡単に粉末衣料用洗剤を詰め替えることができるまったく新しい製品です。この詰め替えシステムの実現のため、 袋に特殊な加工・コンバーティング技術を施したことにより、手で簡単にまっすぐ開封することができるようになり、誰もがストレスなく開封できる簡便性を付与することができました。さらに袋が箱の側面に密着する設計を実現、使い終わるまで、粉のすくいやすさはかわりません。環境への配慮についても、箱と計量スプーンはリユースできるため、本体と比較して、容器の廃棄物重量を約90%削減しました。
 本システムの、ユニバーサル視点でのこれまでにない詰め替え方法と、環境への配慮が評価され、今回の受賞につながりました。
画像1
Copyright Kao Corporation
画像2
Copyright Kao Corporation
■ 開発の背景
 近年の企業における、CO2排出削減への取り組み、持続可能な社会形成への要求などの環境負荷低減への取り組みや、ユニバーサル視点での商品づくりは日々進歩しています。
 従来、粉製品の詰め替えにおいては、詰め替え時に中身がこぼれたり、開封がスムーズにできずに粉が飛び散るなどの課題があり、その改善が求められていました。
 この課題を解決するため、袋ごと箱に入れてから袋を開封するという新発想の採用と、袋に直線易開封性をもたせる特殊加工を施しました。これにより、誰でも簡単に粉末洗剤を詰め替えることができるとともに、手で簡単にまっすぐに開封することができ、開封時の粉の飛び散りを低減しました。また、箱と計量スプーンのリユースによる容器の廃棄物重量を約90%削減、環境負荷も低減しました。


■ 粉末衣料用洗剤「アタック高活性バイオEX つめかえパック」の特長
・環境への負荷を低減
箱とスプーンを再利用することにより、本体と比べて、容器のCO2排出量を約60%、廃棄物重量を約90%削減しました。
・袋ごと箱に入れて、袋を開封するだけで簡単に詰め替え可能
従来のミシン目・レーザー加工では得られなかった直線カットを、材質構成の見直しを含めたコンバーティング技術により、優れた直線開封性を実現。はさみを使わず、手でまっすぐに開封することが可能になりました。
・箱の形状を活かした使いやすさ
箱・詰め替え袋の形態・材質などの最適化により、箱の側面に袋がピタッと密着、使い終わるまで、粉のすくいやすさを保ちます。



※ 「木下賞」は、公益社団法人日本包装技術協会(JPI)が主催し、JPI第2代会長である故木下又三郎氏の包装界に対する功績を記念して設定された表彰制度です。本賞は、包装技術の研究・開発に顕著な業績をあげたものや、包装の合理化・改善・向上に顕著な業績をあげたものに与えられます。今年で38回目を迎え、5月29日に発表・表彰が行われました。 凸版印刷は、2007年「やさしいエコテナー®」で、また2008年「ユニークQRコード活用による新たな包装ビジネスの構築」、2009年「ネスカフェ チャージ」、2010年「チンしてこんがり魚焼きパック」、2011年、「『OLO OLO™(オロオロ)』エコフラットカップ®」、2012年「ネスカフェ エコ&システム」、2013年「注ぎ上手」で木下賞の各部門賞を受賞しており、今回で8年連続の受賞となります。

以上

ページの先頭へ戻る