TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2014年03月26日

国内初、雑誌コンテンツを記事単位で購入できる
スマートフォン向け専用サービス『中吊りアプリ™』の提供を開始
~電車内の中吊り広告を見る感覚で、気になる雑誌記事を
その場で選択・購入・閲覧、雑誌と読者との新たな接点を創出~
凸版印刷株式会社
株式会社VIBE

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)とバンダイナムコグループの株式会社VIBE(本社:東京都中央区、代表取締役社長:本田耕一、以下 VIBE)は、国内で初めて、雑誌コンテンツを記事単位で購入できるAndroidスマートフォン向け専用サービス『中吊りアプリ』の提供を、2014年3月26日から開始します。
 『中吊りアプリ』は、バーチャルな電車内空間をインタフェースとして採用したサービスです。ユーザはアプリ内の中吊り広告をめくりながら、興味のある雑誌記事をゲーム感覚で見つけ出し、記事単位で購入できます。凸版印刷とVIBEは『中吊りアプリ』の開発により、従来にはないインタフェースで雑誌コンテンツを記事単位で販売するまったく新しい手法を実現しました。また、毎日1記事だけ、どの雑誌の記事でも無料で読める無料チケット機能や、各種SNSとの連携機能を実装。口コミによる情報の拡散を促します。これらにより、雑誌と読者との新しい出会いの場を創出し、雑誌コンテンツの新たな需要と読者の開拓を目指します。

 本サービスにおいて、凸版印刷は、既存の印刷物と電子コンテンツを並行して制作できるマルチコンテンツ制作ライン「コンテンツファクトリー」で培った技術をもとに、出版社と連携し、雑誌コンテンツの記事単位での加工・配信を実施。VIBEは既存のゲーム事業で培った独自のゲームニクスをベースに、ユーザが楽しみながらコンテンツと出会える世界観(ユーザエクスペリエンス)の創出とアプリケーションの開発・運用を行います。

『中吊りアプリ』の画面イメージ
『中吊りアプリ』の画面イメージ
© Toppan Printing Co., Ltd. / VIBE Inc.

■ 開発の背景
 雑誌の流通形態が紙媒体からデジタル媒体へシフトしていくなかで、スマートフォンやタブレット端末などスマートメディアに向けた雑誌コンテンツ配信は、2016年には350億円の市場規模になると予想されています。また、雑誌と読者との接点も、店舗など従来のリアルな場にとどまらず、拡がりを見せています。特に、電車などの中吊り広告の見出しに惹かれ、記事を読んでみたくなる人が6割もいるという調査結果も出ています(当社調べ)。
 『中吊りアプリ』はバーチャルな電車内空間をインタフェースとして採用した、雑誌コンテンツを記事単位で購入できるサービスです。記事単位での少額課金コンテンツとして提供することで、読者が中吊り広告を見て感じる「読みたい」欲求の充足や、より手軽に雑誌の世界観に触れる機会を創出。雑誌と読者との新しい接点を実現しました。

■ 『中吊りアプリ』の特長
・従来にはない購買導線「電車の中の中吊り広告をめくっていく感覚」を提供
従来の電子書店にはないインタフェースや世界観を提供することで、読者は楽しみながら雑誌コンテンツに触れることができます。これによりアプリの起動意欲や購買意欲の向上が期待できます。
・雑誌コンテンツを中吊り広告の見出しごとに、記事単位で提供
雑誌コンテンツを、記事単位の少額課金コンテンツとして購入できます。
・『中吊りアプリ』専用のオリジナル中吊り広告も掲載
中吊り広告を実施していない雑誌でも、『中吊りアプリ』オリジナルの中吊り広告掲載が可能です。
・クーポンの獲得やポイント獲得ゲームなどの集客コンテンツを搭載
一日一回無料で記事が読めるクーポン配布や、『中吊りアプリ』内で使えるポイントが当たるスロット機能など、雑誌コンテンツの購入を促進させる楽しい機能が満載です。
・リアル書店や、電子書店「BookLive!」への送客も対応
スマートフォンのGPS機能を使った近隣書店の検索機能や、トッパングループが運営する電子書店「BookLive!」へのリンクなど、記事読了後の1冊単位での購入も後押しします。

■ 『中吊りアプリ』の画面遷移

(1) メイン画面
(2) 気になる中吊り広告を拡大画面
(3) 記事の購入画面

■ 仕様
・OS: Android 4.0以降(一部未対応機種あり)  ※iOSは現在未対応
・アプリ入手方法: Google Playでダウンロード可能
・アプリ利用料金: 無料
・コンテンツ料金: 1記事50円~(コンテンツ内容により異なります)
・おもな掲載コンテンツ;
光文社「FLASH」、主婦と生活社「週刊女性」、扶桑社「週刊SPA!」、東洋経済新報社「週刊東洋経済」、毎日新聞社「サンデー毎日」「週刊エコノミスト」、日本スポーツ企画出版社「週刊サッカーダイジェスト」、ハースト婦人画報社「MEN'S CLUB」
など12社14誌(2014年3月現在)

■ 今後の目標
 凸版印刷とVIBEは今後、本サービスの展開を通じ、ユーザの多様なニーズを吸い上げて機能として反映させることでサービスの活性化を図ります。凸版印刷とVIBEは、出版社と読者との新しい接点を創出することにより本サービスを拡販、雑誌コンテンツ販売事業で2016年度に10億円の売上を目指します。

<凸版印刷株式会社>
「印刷テクノロジー」をベースに、「情報・ネットワーク」、「生活環境」、「マテリアルソリューション」の3分野で事業を展開。トータルソリューションで社会とお客さまの課題解決に貢献しています。
『中吊りアプリ』では、従来情報加工技術で培ったコンテンツ加工力により、雑誌コンテンツを記事単位に分解、配信。雑誌コンテンツの新たな可能性を追求します。

<株式会社VIBE(ヴァイブ)>
バンダイナムコグループで、インタラクティブ・メディアを利用した新規事業の創出および商品の提供、広告・宣伝業務を行っています。
『中吊りアプリ』では、従来ゲーム文化で培ったユーザエクスペリエンスにより、快適なコンテンツ消費空間をデジタル上に創出します。


* Android、Google Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。
* iOSはApple Inc.の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る