TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2014年03月12日

凸版印刷、台紙付きシュリンクパッケージに、
新たに「易開封タイプ」、「2列貼りタイプ」、「自立タイプ」の3製品をラインアップ
~環境配慮とユニバーサルデザインを追求した新構造~
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、環境配慮とユニバーサルデザインを追求した新構造の台紙付きシュリンクパッケージのラインアップを拡充。それぞれ凸版印刷独自の形状である、易開封タイプ、2列貼りタイプ、自立タイプの3製品を開発しました。トイレタリー業界はもちろん、食品や医療医薬、電器業界に向け、2014年3月中旬より本格的な販売を開始します。
サンプル画像
今回、新たに開発された「易開封タイプ(左上)」、「2列貼りタイプ(右上)」、「自立タイプ(下部)」のサンプル

■ 開発の背景
 台紙付きシュリンクパッケージとは、熱をかけると収縮するフィルムで商品を包み込み、台紙に固定させるパッケージです。店頭で商品を立体的に見せられる点や、プラスチック成形品を使用したパッケージと比較して、樹脂使用量が少なく環境適性に優れるといった特長があります。化粧品やトイレタリー製品などの店頭陳列パッケージとして多く使われており、その市場規模は約300億円と推計されています。
 従来の台紙シュリンクパッケージは、熱収縮させたシュリンクフィルムが商品と密着するためはがしにくいことによる開封性の向上や、商品の多様な形状対応、店頭での陳列適性において、さらなる改善が求められていました。
 このたび、これらの課題を解決する台紙付きシュリンクパッケージとして、商品の開封が容易な易開封タイプ、2製品のセット販売が可能な2列張りタイプ、商品を立てて陳列できる自立タイプの3製品を新たに開発。多様なニーズに対応した商品展開を可能にしました。



■ 各製品の特長
・易開封タイプ
台紙と接着する部分のフィルムにミシン目を設けることで、商品をつかんで手前に引くだけで簡単に開封できます。従来の台紙付きシュリンクパッケージと比較して、身体的負担が少なく開封が可能なユニバーサルデザインパッケージです。
・2列貼りタイプ
1枚の台紙に2枚のシュリンクフィルムを貼ることで、同サイズはもちろん、異なるサイズの商品同士のセット販売も可能です。
・自立タイプ
台紙下部の切り込みに沿って店頭で折り加工することで、自立しない形状の商品でも自立させ、通常のハンガーラック形状棚だけでなく、商品棚での陳列にも対応しました。



■ 価格
 易開封タイプ、自立タイプ・・・従来品と同等価格。
 2列貼りタイプ・・・従来品の1.5倍程度。



■ 今後の目標
 凸版印刷は、本製品とそれに関連する充填システムなどを、トイレタリー業界をはじめ、食品業界や医療医薬業界、電器業界に向けて拡販、関連受注を含め2015年度に15億円の売上を目指します。

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以上

ページの先頭へ戻る