TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2014年03月04日

凸版印刷とマピオンが連携し、来店誘導を促進する
次世代型ロケーションベースソリューション開発プロジェクトを開始
凸版印刷株式会社
株式会社マピオン

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)と、凸版印刷のグループ企業である株式会社マピオン(本社:東京都港区、代表取締役社長 佐藤孝也、以下 マピオン)は、201434日より、次世代型ロケーションベースソリューションを開発する共同プロジェクトを開始します。

  今後両社は、凸版印刷が提供する国内最大級の電子チラシポータルサイト「Shufoo!(シュフー)」と、マピオンが提供するモバイル位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」を利用した実証実験を2014年春から夏頃に実施予定です。

 

■次世代型ロケーションベースソリューションのイメージ図 

07.画像1

【プロジェクトの背景】

凸版印刷とマピオンは、これまでも各社において位置情報を活用した様々なサービスやソリューションの提供をしてきました。より多様化する集客に関する企業の課題を解決するために、590万人以上のエリアセグメントされたユーザーにコンテンツをPUSH配信できる「Shufoo!」と、位置情報技術を用いた多数のO2Oキャンペーンの実施ノウハウを持つ「ケータイ国盗り合戦」を連携。両社の強みを活かし、オムニチャネル時代におけるネットとリアルを結ぶシームレスな販促活動を支援する新たなロケーションベースソリューションを開発することとなりました。

【プロジェクトの内容】

本プロジェクトでは、来店誘導に加え、「来店したお客さまに店内を回遊して欲しい」、「次もまた来てもらいたい」という店舗側のニーズを満たすことのできる店舗体験を通したコミュニケーションの創造を目指します。

凸版印刷では、20133月より提供している位置連動型コンテンツ配信O2Oソリューション「Cylseeジオ」(※1など、Beacon(※2を用いた新たな近距離無線通信を活用したビジネスを推進。一方、マピオンではゲーミフィケーションを用いた位置情報技術支援に加え、多数のO2Oキャンペーン実施ノウハウを活用した新たな店舗体験をネットとリアル両方を通して約束する商品企画を推進しています。

本プロジェクトではジオフェンス(※3)技術を活用することで、屋外におけるナビゲーションから、店舗内でのプッシュ通知機能、ビックデータ分析に基づくCRMなどの機能を連携させつつ一元管理することで、割引クーポンだけに頼らない、ネットからリアルへの誘導を促進するワンストップ型のソリューションの開発を目指します。

 

【今後の予定】

両社は今後、「Shufoo!」や「ケータイ国盗り合戦」以外にも搭載できるソリューション型システムの開発を進め、凸版印刷の持つ幅広い営業ネットワークを中心に提案に取り組んでいきます。

 

※1 位置連動型コンテンツ配信O2Oソリューション「Cylsee(シルシー)ジオ」

街中や屋内施設、レジ横などの利用者の現在いる場所に応じて、クーポンや広告などのコンテンツを、専用アプリがインストールされたスマートフォンへ最適に配信するO2Oソリューションです。従来の音波やWi-Fiを活用したコンテンツ配信に比べ、省電力で小型の機器のため、より手軽でより正確なコンテンツ配信が可能となります。

2 Beacon

無線LANが通信可能かどうかを伝える無線信号のこと。スマートフォンやパソコンなどでこの信号を受け取ることで、その場所で利用可能な無線LANのアクセスポイントを探し出すことができる。

3 ジオフェンス

仮想的な地理的境界線の意味で、スマートフォンの位置情報を利用し、特定地点を中心とした一定距離の圏内や圏外で、メールを送信したり、クーポン配信などができるシステム。
以上

ページの先頭へ戻る