TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2014年02月20日

凸版印刷、「ReView お手軽POPサイネージシステム」を開発
~スマートフォンやタブレット端末を活用して、デジタルサイネージ向けの
オリジナルコンテンツを手軽に作成・即時配信!
  凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下凸版印刷)は、スマートフォンやタブレット端末でデザインテンプレートを活用して、デジタルサイネージ向けのコンテンツを手軽に作成。さらに凸版印刷が提供する様々なタイプのデジタルサイネージに即時配信を実現する「ReViewお手軽POPサイネージシステム」を開発。2014年3月下旬から提供を開始します。
  凸版印刷は、アクティビティサイネージソリューション「ReView(レビュー)(※)」の事業を積極的に推進。プロモーションの企画からデジタルサイネージの設計・開発、サイネージ向けのコンテンツ制作や配信・運用、効果測定までをワンストップで提供しています。
  「ReView お手軽POPサイネージシステム」では、スマートフォンやタブレット端末で撮影した写真や入力したテキストを、専用のソフトでサイネージ向けコンテンツに変換可能。凸版印刷が提供する様々な種類のデジタルサイネージに即時配信することができます。また、デザインテンプレートは手書きPOPタイプなど複数を用意、オリジナルの作成も可能です。手書きの親しみやすさとデジタルならではの更新の利便性を提供します。さらに本サービスでは低額の月額プランを揃え、低価格での提供が可能です。

  なお、本システムは、2014年3月4日(火)から3月7日(金)に開催される「リテールテックJAPAN 2014」(会場:東京ビッグサイト 主催:日本経済新聞社)のトッパンブースで展示されます。
07.画像1
■背景
・デジタルサイネージは、コンテンツの入れ替えなどを従来のPOPよりも手軽に行うことができる一方で、手描きのPOPのような情報の即時性や、デザインにおける親しみ感を求める声がありました。
・また、デジタルサイネージのコンテンツの即時作成や配信は難易度が高いという課題もありました。
・このため、凸版印刷では「ReViewお手軽POPサイネージシステム」を開発。店頭のデジタルサイネージ向けのオリジナルコンテンツを手軽に作成し、即時に配信することを可能にしました。


■本システムの特長
・スマートフォンやタブレット端末で撮影した写真や、入力したテキストを専用のソフトを通じてあらかじめ用意された汎用版テンプレートに流し込み、親しみのあるデザインのコンテンツ作成を手軽に行うことが可能。お客さま専用のオリジナルテンプレートの作成もできます。作成したコンテンツは凸版印刷が提供する様々なタイプのデジタルサイネージへの即時配信が可能です。
・お店からの新着のニュースで生活者の関心を引きつけ、店長やバイヤーなどの従業員によるリアルタイムのコンテンツ提供により、店舗のオリジナル感を出すことが可能になります。
・新商品や季節商品、イチオシ商品、タイムセール情報などを即座に店頭に表示することができます。
・低額の月額プランを揃え、低価格での提供が可能です。


■価格
・20,000円/月から
【機器(32インチモニター、タブレット端末、スタンド)、配信ソフト代を含む。3年間利用の場合】
 ※通信料/テンプレート代は別途。


【今後の展開】
凸版印刷は、小売り・流通業を中心に本サービスの販売を推進し、2014年度に関連受注を含め1億円の売上を目指します。
また、凸版が展開するShufoo!ミニチラシなどのコンテンツ連携も今後展開予定です。さらに今後は凸版印刷が展開する電子チラシサイト「Shufoo!」などとのコンテンツ連携も行っていく予定です。

※アクティビティサイネージソリューション「ReView(レビュー)」
プロモーションの企画からデジタルサイネージの設計・開発、サイネージ向けのコンテンツ制作や配信・運用、効果測定までをワンストップで提供します。これにより、デジタルサイネージを活用した来店誘引や購買喚起など、販促プロモーションの導入負荷を削減し、従来よりも低コストでデジタルサイネージを活用した効果的な施策が実施できるようになります。

                                                                                                                                                                           以  上

* 本ニュースリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

ページの先頭へ戻る