TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2013年10月02日

凸版印刷、高セキュリティ対応のグループ・データセンターを竣工
~ICT基盤を統合、最高レベルのセキュリティ対策でソリューションサービスを強化~

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、東京都23区内にトッパングループ・データセンターを2013年10月2日に竣工しました。2014年春の本格稼動予定です。

 本トッパングループ・データセンターは、東京都内で災害リスクの低い地域を厳選し、都市型データセンターとして堅牢な建屋を建設。高効率の空調設備、きめ細かな温湿度管理などにより、サーバ設置エリアでエネルギー効率の指標PUE(※)値1.45以下を目指すなど、省エネルギー化の面でも、先端を走れる最新鋭のデータセンターです。

 
また、建物内は、セキュリティレベルを複数段階に設定し、それぞれのレベルに合わせたセキュリティ対策を実施。ICカードや生体による入退室認証や金属探知機、監視カメラなどを通常のデータセンターよりもきめ細かく導入・設置することで、高レベルなセキュリティ対策を実装いたします。さらに、関西地区にバックアップデータセンターを構築、同センターとの連携により、事業継続性(BCP)対策を強化しました。

 
今回、本トッパングループ・データセンターで、トッパングループの基幹システムを集約、堅牢な環境で集中管理を行うことにより、安全性と効率性の向上を図ります。

 
さらに顧客向けとして各工場と高速ネットワーク接続を行い、データ処理をはじめBPOサービスまでをサポート。トッパングループのIT基盤を強化し、グループ全体で強みを活かしたトータルソリューションの提供を可能にします。

 
今後も凸版印刷では、先進のICT(情報通信技術)を活用し、より効率的で安定性の高い基幹業務システムを構築するとともに、データセンターやクラウド関連のサービス拡充を図り、より高いセキュリティ対策と業務効率をより一層向上させるソリューションの実現を目指します。

 

■施設概要

・所在地: 東京都23区内
・規模: 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)4階建 延床面積 約9,668 ㎡
・災害リスク: 地震発生時の堅牢な地盤、水害リスクが少ない等
・堅牢性: 等価固有周期 4秒以上、サーバ室応答最大加速度 200gal以上、応答最大変位350mm
・省エネ対応: 高効率の空調や給電設備、温湿度管理などにより、サーバ設置エリアPUE1.45以下
・セキュリティ対応: ICカードや生体による入退室認証、監視カメラを建屋内及び建屋・敷地外周に設置
・事業継続性(BCP): 関西地区に構築したバックアップセンターと連携、0.5日以内に縮退運転可能

 


PUE(Power Usage Effectiveness):データセンターのエネルギー効率を示す指標の1つ。データセンター全体の消費電力を、サーバなどのIT機器の消費電力で割った値

以上

ページの先頭へ戻る