TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2013年06月19日

凸版印刷、明和町立図書館の電子図書館サービスを支援
~専用無線LANを活用し、手塚治虫マンガ400冊をはじめ電子書籍の閲覧が可能に~

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、群馬県邑楽郡明和町と連携し、明和町立図書館で2013年6月25日(火)からスタートする電子図書館サービスを支援します。

 今回の電子図書館サービスでは、手塚治虫マンガ電子図書館(手塚治虫漫画全集・400巻収蔵)をはじめ、往年の文学作品を揃えた青空文庫、郷土資料や町広報資料などを図書館内、図書館前広場など、同サービスの専用無線LANが受信可能な範囲で閲覧することができます。

 具体的には、図書館内に専用無線LAN環境を設置。この専用無線LANの範囲内で、図書館が用意したタブレット端末を使って電子書籍を閲覧することができるほか、利用者が持ち込んだタブレット端末やスマートフォン(※1)でも簡単な設定を行うだけで電子書籍が閲覧可能です。

 今後、凸版印刷は、明和町立図書館の電子図書館サービスの支援を継続し、閲覧可能コンテンツの増加や、利便性の向上を図ります。さらに他の公共機関向けの電子書籍を活用したトータルソリューション開発を進め、より快適な読書環境の構築を目指します。

 

07.画像1
電子図書館サービスの全体像

明和町立図書館 電子図書館サービスの概要

・開始日時: 2013年6月25日 (火)

・閲覧可能範囲: 図書館内、図書館前広場など、同サービスの専用無線LANが受信可能な範囲。

・提供コンテンツ: 

手塚治虫マンガ電子図書館(手塚治虫漫画全集・400巻収蔵)をはじめ、青空文庫(文芸作品 200点)、郷土資料や町広報資料 など

・閲覧可能な端末: 

専用タブレット端末 10台、利用者のスマートフォン/タブレット端末  同サービスの専用無線LANへの接続が可能な端末)

 

 

(※1) タブレット端末・スマートフォンの機種によっては、本サービスを利用できない場合があります。

 *本ニュースリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

 *本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。 

以上

ページの先頭へ戻る