TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2013年03月29日

凸版印刷のゼオライト機能紙「FS-ZEO」が、
辰野の新型フレキシブルコンテナバッグ「ゼオコン」で採用
~JIS-Z-1651準拠、放射性セシウムを吸着する機能を付与~

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、紙にゼオライトを高密度で充填した、放射性セシウムを吸着するゼオライト機能紙「FS-ZEO(エフエス・ゼオ)」を提供しています。今回、このゼオライト機能紙「FS-ZEO」が、辰野株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:辰野克彦、以下辰野)が2013年4月に受注を開始する新型フレキシブルコンテナバッグ「ゼオコン」に採用されました。

 

 被災地では、仮置き場や最終処分場などでの放射性廃棄物やがれき、汚染土壌などの保管の際にフレキシブルコンテナバッグや土のうが広く使われています。

 ゼオライト機能紙「FS-ZEO」は、放射性物質を含んだ煤塵(ばいじん)による土壌汚染を防止するため、東北地方の最終処分場で、煤塵の下敷きとして採用されています。また、福島県川内村で実施されている土砂や水などに含まれた放射性セシウム拡散防止の実証実験にも活用されています。

 「ゼオコン」は、この「FS-ZEO」を使用したクロスタイプの新型フレキシブルコンテナバッグです。フレキシブルコンテナバッグの内袋に「FS-ZEO」を採用することで、内容物の汚染水に含まれる放射性セシウムを吸着し、放流可能な水準まで低減させることに成功しました(※)。

※ 信州大学工学部土木工学科 梅崎准教授監修による「ゼオコン」の放射性セシウム吸着性能試験では、放射線量が16,800Bq/ℓの汚染水を内容物として入れた際に染み出る水が、放射線量が62Bq/ℓ(除去率99.6%)と、放流可能なレベルまで低減されました。

画像1
凸版印刷の「FS-ZEO」を使用した、辰野のフレコンバッグ「ゼオコン」

■ 新型フレキシブルコンテナバッグ「ゼオコン」の特長
・黒ポリプロピレン仕様により耐候性が高い
・内袋の「FS-ZEO」が持つセシウム吸着機能により、排出水が発生しても安全性が極めて高い
・密閉性のないクロスタイプのため、有機物によるガス発生や事故を避けられる
・JIS規格に適合(JIS-Z-1651)
・外観や形状などが既存のクロスタイプと変わらないため、従来品と同じように使用できる

 

■今後の目標
 「FS-ZEO」は、辰野が現在製品化を進めている、「ゼオコン」と同様の構造を持つ新型土のう「ゼオドノ」への採用も内定しています。
 凸版印刷はこれらの製品を通じて、除染現場や処分場・仮置き場での安全性向上などに貢献するとともに、「FS-ZEO」シリーズのラインアップ拡充と応用製品の拡大を推進。2015年に「FS-ZEO」単体で約20億円の売上を目指します。

※ 文中におけるゼオコンの放射性セシウム吸着性能については、辰野および凸版印刷による実証実験の結果であり、性能を保証するものではありません。使用環境や条件などにより吸着性能は異なります。

 

 


* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る