TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2013年03月04日

凸版印刷と英Plastic Logic、
曲げられる42インチ電子ペーパーサイネージを世界初公開、今後の市場開拓をめざす
凸版印刷株式会社
Plastic Logic Ltd.
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)と、フレキシブルディスプレイ技術を持つ英Plastic Logic(本社:英国ケンブリッジ市、CEO:Indro Mukerjee、以下 Plastic Logic)は、フレキシブル大型デジタルサイネージの試作品を、2013年3月5日から3月8日まで、東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN 2013」のトッパンブースで共同展示します。
 なお、有機薄膜トランジスタ(※)を用いた対角40インチ以上のフレキシブルな反射型デジタルサイネージは、世界で初めての公開となります。
※有機薄膜トランジスタ:有機半導体を用いたトランジスタで、一般的なシリコンなどを用いた無機トランジスタに比べ、薄く、軽く、曲げられる特性があります。
フレキシブル大型電子ペーパーサイネージの試作
フレキシブル大型電子ペーパーサイネージのイメージ
Copyright 2013 Plastic Logic Ltd. / Toppan Printing Co., Ltd.
■本試作品の特長
 本試作品は、Plastic Logicの対角10.7インチでモノクロ表示のフレキシブルプラスチック基板ディスプレイ16枚で構成されており、縦4枚×横4枚でタイル化することによって、有効画素ピッチ0.7mmの対角42インチディスプレイを実現しています。これは既存の電子ペーパーサイネージに比べて約6倍高精細であり、近距離からの利用に適しています。また、Plastic Logicの電子ペーパーが持つ画像保持性により、通電していなくても画面に画像が残るため、消費電力が非常に低いといった特長があります。さらに、紙と同様に反射型表示であるため、照明環境に関わらず、明るい太陽光の下でも読みやすく、そのうえ視野角に依存しないため、屋内外を問わず、デジタルサイネージに最適です。
 フレキシブル電子ペーパーサイネージは、最薄部で厚さ3mm以下、そして軽量であるため、ポスターのように壁にかけるなど、新しい用途の可能性を拡げます。例えば、公共施設などにおいて、通常は催事などの情報を表示し、非常事態のバッテリー駆動時にも、超低消費電力なため、災害関連情報に切り替えての表示が可能です。

■ 今後の展開
 凸版印刷は、2004年以来、大型電子ペーパーサイネージを開発しており、さまざまな用途での実績があります。Plastic Logicは、2007年以来、有機薄膜トランジスタを用いたフレキシブルプラスチックの開発を行っており、世界初、かつ現時点で世界唯一の量産可能な有機エレクトロニクスを製造。カラーとモノクロの両タイプにて、さまざまなサイズのフレキシブルプラスチックディスプレイを生産しています。
 凸版印刷とPlastic Logic社は、フレキシブル大型電子ペーパーサイネージの用途開発を行い、モジュラー構造によってさまざまなサイズの製品を提供していく予定です。



■ 凸版印刷株式会社 事業開発センター センター長 遠藤 仁のコメント
 フレキシブル大型電子ペーパーサイネージにおいて、Plastic Logicとの協力関係による、新しい可能性の開拓に期待しています。この新しいサイネージソリューションは、震災以降、注目されている防災用途に不可欠な超低消費電力特性など、既存の電子ペーパーサイネージのメリットを保ちつつ、より高い解像度と軽量化を実現できるからです。

■ Plastic Logic Ltd. CEO Indro Mukerjeeのコメント
 我々は、凸版印刷とともに、リテールテックJAPANにおいて、Plastic Logicの大型プラスチックディスプレイによって、また新たな世界初を提供できることを非常にうれしく思います。この42インチのデジタルサイネージは太陽光下でも見やすく、我々のフレキシブルなプラスチックディスプレイの多種多様な用途のひとつであり、特に軽量で薄型のエンドユーザアプリケーションの実現に加え、ウェアラブルなモバイルデバイスのような革新的な形状も実現します。

■ 凸版印刷について
 1900年の設立以来、「印刷」で培ってきたノウハウを活かして、証券・カード、商業印刷、出版印刷、パッケージ、高機能部材、建装材、ディスプレイ関連、半導体関連の8部門で多彩な事業を展開。新しい需要を自ら開拓する「需要創造型」活動を推進しています。
 凸版印刷では、電子ペーパー事業に積極的に取り組んでいます。中小型サイズでは、おもに産業用途に特化した事業を展開。高精細タイプでは、ESL(Electronic Shelf Label:電子棚札)や作業指示書などへ活用するためのソリューション提供を行っています。大型サイズでは、タイル化した電子ペーパーを組み合わせて大型化を実現、サイネージ事業への展開を進めています。大型電子ペーパーサイネージは、2007年より仙台市地下鉄に実験設置し、2008年から広告・情報配信を行う「まちコミ」サービスとして商用化しています。
 凸版印刷に関する詳しい情報はhttp://www.toppan.co.jpをご覧ください。

■ Plastic Logicについて
 ケンブリッジ大学のCavendish Laboratoryの研究者たちによって設立されて以来、Plastic Logicはプラスチック・エレクトロニクスに対する研究・投資の最先端を走ってきました。Plastic Logicでは、高品質で頑丈なプラスチック・カラー・ディスプレイの生産、有機薄膜トランジスタ駆動のマイクロカプセル型電気泳動ディスプレイモジュール(EPD)におけるアニメーションの実証、液晶ディスプレイと同等レベルのフレキシブル・ディスプレイの製造歩留まりなど、技術面で多くの世界初を達成してきました。Plastic Logicには、Oak Investment PartnersおよびRusnanoなどの大手投資会社が出資しています。
 Plastic Logicおよびその堅牢でフレキシブルなディスプレイに関する詳細は、http://www.plasticlogic.comおよびhttp://www.youtube.com/plasticlogicをご覧ください。



* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る