TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2013年02月12日

凸版印刷、劇場公開映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER
WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」 に特別協力
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、昨年公開されたAKB48のドキュメンタリー映画に続き、現在公開中の「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」の制作に特別協力として参加しました。

 今回、ミュージックビデオなどで数多くの実績をもち、凸版印刷のスタッフで映像作家の高橋栄樹(たかはし えいき)が監督として参加。AKB48結成当時から数々のミュージックビデオを監督し、メンバーから絶大な信頼を寄せられている高橋栄樹でなければ決してなし得なかった アイドルの内面を表現し、 現代のリアルなアイドルの姿を赤裸々に描き出した内容となっています。
■劇場公開映画
 「DOCUMENTARY OF AKB48 NOFLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」

 ・概要: AKB48 第1章の軌跡と新時代への第一歩を完全密着したドキュメンタリー映画
 ・公開日: 2013年2月1日(金)
 ・上映時間: 127分(予定)
 ・制作: 「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
 ・企画: 秋元 康
 ・監督: 高橋 栄樹
 ・配給: 東宝映像事業部

■映像作家「高橋栄樹(たかはし えいき)」
【略歴】
1986年 日本大学芸術学部映画学科映像コース入学。
1989年 「Japan’89 ビデオ・テレビジョン・フェスティバル」グランプリを受賞。
     これがきっかけとなり、ビデオクリップのディレクターとなる。
1990年 凸版印刷株式会社入社
1991年 ヴィム・ヴェンダース監督「夢の涯てまでも」の日本ロケ現場と
     同監督によるU2「Night and Day」の編集アシスタントを務める。
     以後ミュージックビデオの監督として、200名以上のアーティストを手がける。
2004年 映画「JamFilms2~CLEAN ROOM クリーンルーム」(出演:麻生久美子、韓英恵)が公開。
     (第8回 釜山国際映画祭特別招待作品)
2007年 よりAKB48のミュージックビデオを手がける。
2012年 映画「Documentary of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」全国公開。
【主なミュージックビデオ作品】
 AKB48:「上からマリコ」「ポニーテールとシュシュ」「RIVER」「涙サプライズ!」「大声ダイヤモンド」
      「言い訳Maybe」「軽蔑していた愛情」「夕陽を見ているか?」「桜の花びらたち2008」ほか
 板野友美:「10年後の君へ」
 吉井和哉:「バッカ」「GENIUS INDIAN TOUR」「BEAUTIFUL」
 THE YELLOW MONKEY:「SPARK」「楽園」「LOVE LOVE SHOW」「BURN」「球根」「バラ色の日々」ほか
 矢沢永吉コンサート映像:「TWIST」「Rock’n Roll」「The REAL」「55WAY」「ROCK OPERA」
 佐野元春:「君が気高い孤独なら」「経験の唄」
 Mr. Children:「終わりなき旅」
 ゆず:「飛べない鳥」
 エレファントカシマシ:「普通の日々」「あなたの優しさをオレは何にたとえよう」

【劇場映画・ドラマ・ドキュメンタリー作品】
 「trancemission」(GAGA、sep)
 「Jam Films 2~CLEAN ROOM」(AMUSE、SEGA)
 「ヴィム&ドナータ・ヴェンダース Journey to ONOMICHI ~尾道への旅」(spoon)
 「コネコノキモチ」(Jolly Roger/happinet)
 「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢見る」(東宝/AKS)


* 本ニュースリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以上

ページの先頭へ戻る