TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2012年10月26日

国内最大級の電子チラシポータルサイト「Shufoo!」の「シュフーチラシアプリ」が、
マイクロソフト社の最新OS 「Windows 8」とインテル社の「Ultrabook(TM)」システムに対応

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、マイクロソフト社が2012年10月26日に一般向けに発売する最新オペレーティングシステム「Windows 8」向けに、国内最大級の電子チラシポータルサイト「Shufoo!(シュフー)」(※1)のチラシコンテンツを閲覧できる無料アプリである「シュフーチラシアプリ」を「Windows ストア」にて提供開始しました。
「Windows ストア」の「シュフーチラシアプリ」紹介ページ:
http://apps.microsoft.com/webpdp/ja-JP/app/05ce8746-56e7-4494-b524-cb9acb7a190c

                                                       

 「Windows 8」の最大の特長である美しく高速で滑らかなデザインは、各種デジタルデバイスで高画質での電子チラシ閲覧可能とする「シュフーチラシアプリ」との親和性が非常に高く、「Windows 8」ユーザーの快適かつ楽しいお買い物情報閲覧を実現します。
 また「Windows 8」では、これまでキーボードとマウスで操作してきたことをタッチでも簡単に操作可能(※2)であり、「シュフーチラシアプリ」でもタッチ操作で直観的かつスムーズに電子チラシを閲覧することができます。

 「Shufoo!」は、「Ultrabook™」などに搭載される「インテル®スマート・コネクト・テクノロジー」への対応により、スリープ状態のときでも自動的に電子チラシの到着枚数が更新されるため、システム利用時には常に最新の電子チラシのお届け状況を確認することができます。

■日本マイクロソフト株式会社からのコメント
心より感謝と賛同の意を表します。凸版印刷株式会社様の「Shufoo!」は生活に密着した電子チラシによる情報サービスを展開されており、Windows の新しいユーザーインターフェイスによって人々の生活がより豊かで快適になることを期待しています。
(日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員Windows統括本部 本部長 藤本 恭史 )

※1 「Shufoo!」について
凸版印刷が2001年8月より運営を開始し、20-40代の女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシポータルサイト。大手流通各社、地域主力スーパーなど約1,600法人、約80,000店舗が参加(2012年9月30日現在)しています。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備えています。また、生活者は、PCに加え、携帯電話やデジタルテレビ、また拡大するスマートフォンやタブレット端末など様々なデバイスから日本全国の電子チラシを閲覧することができます。
・PC http://www.shufoo.net
・携帯 http://mobile.shufoo.net
・iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id373909230?mt=8
・iPad http://itunes.apple.com/jp/app/id373911706?mt=8
・Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.toppan.shufoo.android
・テレビ Shufoo! Panasonic VIERA CONNECT、「まちダネShufoo!」TOKYO MXデータ放送 など

※2 「Windows 8」にてタッチ操作を行うためには、使用端末がタッチ操作に対応している必要があります。


* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* インテル、Ultrabookは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
* インテル® スマート・コネクト・テクノロジーを利用するには、一部のインテル® プロセッサー、インテル® ソフトウェアおよびBIOSのアップデート、インテル(R) ワイヤレスアダプター、インターネット接続が必要です。ソリッドステート・メモリーまたはドライブと同等のデバイスを必要とすることがあります。実際の結果はシステム構成によって異なります。詳細については、各システムメーカーにお問い合わせください。
* ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

Ultrabook™製品
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/sponsors-of-tomorrow/ultrabook.html
インテル® スマート・コネクト・テクノロジー
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/smart-connect-technology.html

以上

ページの先頭へ戻る