TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2012年09月06日

凸版印刷、NFC対応スマートフォンにクレジットデータを発行する
新サービス「TOPPAN SP-TSM(トッパン エスピー・ティーエスエム)」を販売開始
〜海外実績が豊富なTSMセンターを活用、信頼性の高いサービスを実現〜

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、NFC対応スマートフォンにクレジットデータを発行する新サービス「TOPPAN SP-TSM(トッパン エスピー・ティーエスエム)」を2012年9月初旬より販売開始します。
 SP-TSM(Service Provider - Trusted Service Manager)とは、NFC対応スマートフォンの電話番号を特定する固有ID番号が入ったICカード(UICC)内アプリへ、サービス提供事業者から受託したクレジットデータなど個人情報の配信を行う事業者のことです。
 「TOPPAN SP-TSM」は、クレジットカード会社から受け取ったデータを元にICデータを生成し、モバイル用発行データに加工。NFC対応スマートフォンのUICCに、ネットワークを通じてセキュアに発行するサービスです。クレジットカード会社は本サービスを利用することで、NFC対応スマートフォンを利用したMasterCard® PayPass、Visa payWaveなど非接触クレジット決済サービスの提供が可能になります。また、スマートフォンへの発行だけでなく、ICカード用データを生成し、ICカードを発行することも可能です。
 本サービスは、海外での商用実績が豊富で、MasterCard® / Visaの認定を取得しているTSMセンターを活用し、ASPにてサービスを提供します。さらに、本サービスの提供にあたり、スマートフォンのユーザインタフェースの開発も同時に行い、迅速かつ快適なサービスの導入を実現しました。

■ 開発の背景
 近年のスマートフォンの普及や、決済手段の多様化により、生活者の消費行動が変化しつつあります。2015年には国内で流通するスマートフォンの半数以上がNFC対応になると予測されています。
 従来の決済手法としては、クレジットカードや電子マネーなど、カードを使ったものが主流でしたが、NFC対応スマートフォンユーザの増加により、スマートフォンを用いた決済の拡大が予想されます。そのため、スマートフォンにクレジットデータを安全に発行するサービスが求められていました。
 凸版印刷では、これまでICカード発行事業で培ったセキュリティノウハウによる「ICデータ生成機能」と、TSMセンターでの高品質な「NFCスマートフォン向けICデータ発行機能」を融合することにより、信頼性の高い発行サービスを実現しました。

■ 「TOPPAN SP-TSM」の特長
・高度なセキュリティ
凸版印刷が従来ICカード発行で培ったセキュリティノウハウを活かし、信頼性の高いICデータ生成や鍵管理、スマートフォンへの安全な個人データ配信を実現しました。
・豊富なTSM実績
海外での商用実績が豊富で、運用ノウハウに優れたTSMを活用。MasterCard® / VisaのTSM認定を既に取得しており、高い品質を保証します。
・多様な拡張性
多くの国際クレジットブランドやプリペイド、ポイントなどの多様なデータ発行に拡張性があります。また、企業内利用を目的としたスマートフォン向け社員証IDの発行や入退室管理スマートキーの配信など、多様な認証ソリューションサービスへの展開も可能です。

「TOPPAN SP-TSM」のサービス概要
Copyright 2012 TOPPAN PRINTING CO., LTD.

■ 価格
・初期費用: 1,800万円~
・運用費用: TSMセンター運用ASP費用 100万円~/月額、モバイル発行費用 @90円~/件

■ 今後の目標
 凸版印刷は今後、本サービスをクレジットカードや電子マネー、ポイントカードをはじめ、M2Mのネットワーク機器間通信用途や企業のモバイル社員証用途などに展開します。
 また、トッパングループのTFペイメントサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒羽二朗)が開発した、クラウド側決済プラットフォームサービス「シンカクラウド(※)」とも連携し、金融機関やサービス事業者への導入を促進していきます。
 さらに、NFCテクノロジーを活用したプロモーションやソーシャルネットワークサービスをトータルで提供。NFC時代の新しい消費行動に沿ったCRMソリューションで、よりスマートで価値の高い、生活者と企業のコミュニケーションを実現していきます。
 凸版印刷は、これらのサービスを融合させた決済関連ソリューションを拡販し、2015年度に関連サービスを含め100億円の売上を目指します。


*本製品は、2012年9月6日(木)から9月7日(金)に開催される「FIT2012 金融国際情報技術展」(会場:東京国際フォーラム 展示ホール、主催:日本金融通信社)のトッパンブースで展示されます。

※ シンカクラウド
従来型の端末のように、決済時の暗号処理を端末側ではなく、クラウドサーバ上で行うことで、高価な専用端末を必要とせず、汎用端末を利用した電子マネー決済を可能とするサービスです。


* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る