TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2012年08月10日

凸版印刷、ネットワーク校正・回覧システム「なおしてねっと!」
ASPサービスを開発
〜遠隔地や多数の回覧先で効果を発揮、オンラインで簡単手軽に導入可能〜

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、ネットワーク校正・回覧システム「なおしてねっと!」ASPサービスを開発、2012年8月下旬より提供を開始します。
 「なおしてねっと!」はインターネットを利用して、遠隔地や多数の回覧先をつなぎ、PDFやMS Officeなどで作成された様々な資料の校正や回覧、認証業務を効率化、「見える化」するシステムです。
 凸版印刷が、包装材のデザインや商業印刷物の校正、回覧システムとしてクライアント企業毎に開発を行ってきたノウハウを活用し、機能を絞りこみ汎用化。ASPサービスとして初期コストをおさえ、簡単・手軽、スピーディーに導入できます。またiPadなどタブレット端末での閲覧にも対応、いつでもどこでも回覧資料を確認できます。

■背景
 インターネットをはじめとするデジタル技術の普及で、業務のシステム化、自動化が進んでいます。
 一方で社内の機密資料や重要資料の回覧や承認の場合には、いまだに担当者が関連部門を回り「承認印」を貰うようなプロセスが残り、この回覧から承認にいたるプロセスの効率化、見える化が課題となっていました。凸版印刷ではこのニーズに対応するため、ASPサービスとして簡単・手軽、スピーディーに導入できる、汎用性の回覧システムを開発しました。
 これまで凸版印刷が、印刷会社としてクライアント企業と共同で進めてきた印刷物のデザイン校正、回覧のシステム構築のノウハウを活用し、多様なワークフローに柔軟に対応できるシステムを構築、回覧や承認状況の見える化を実現しました。

<「なおしてねっと!」 サービスイメージ>

■特長
  ・煩雑な回覧の進行管理が、ひとめでチェック可能。企業の販促部や資材部など回覧責任者の負荷を大幅削減。
・ASPサービスとして、導入ニーズにスピーディーに対応。簡単・手軽にオンラインの回覧システムを導入可能
・iPadなどタブレット端末にも対応、いつでもどこでも閲覧可能

■価格
 初期費用で70万円から、月額は、15万円から
   (※カスタマイズは別費用で対応可能)

■今後の目標
 2013年度の売上で1億円を目指します。さらに今後は、統合制作・編集システムなどと連携し、編集作業と回覧、承認作業の統合による、より一層の業務効率の改善を目指します。


* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本プレスリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る