TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2012年08月08日

ユナイテッド・シネマ株式会社へのギフトカードサービス提供を開始
〜既存ベンダーからの事業移管に対応〜

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、2012年8月8日よりユナイテッド・シネマ株式会社(東京都港区、代表取締役社長:武藤芳彦、以下 ユナイテッド・シネマ)様に対し、「ギフトカード(注1)ASPサービス」の提供を開始します。

(左)「シネマギフトカード」 表面  (右)ユナイテッド・シネマ豊洲 劇場
Copyright 2012 TOPPAN PRINTING CO., LTD.

 ユナイテッド・シネマ様は2006年より「シネマギフトカード」の発行をしていました。この度、「ギフトカード事業拡大に寄与する販促施策の事例の豊富さ」、「サポート体制」、「システムの安定性」などをユナイテッド・シネマ様に評価いただき、凸版印刷のギフトカードASPサービスが新たに採用されました。

 今後、凸版印刷は様々な販促施策などを継続的に提案し、ユナイテッド・シネマ様と共にシネマギフトカードの発行拡大を目指します。
 また、凸版印刷は、今回の事業移管で培ったノウハウを活かし、現在、他ベンダーを利用しているギフトカード発行企業に対し、提案を積極的に行っていきます。


■「シネマギフトカード」の概要
・販売: 全国のユナイテッド・シネマ劇場チケット売場、インターネット販売
・利用: 全国のユナイテッド・シネマ
・用途: 映画鑑賞だけではなく、ポップコーンやドリンク、パンフレット購入にも利用可能
・販売金額: 3,000円~10,000円まで1,000円単位
・有効期限: 発行日から1年間
・その他詳細は、
 ユナイテッド・シネマ様 ギフトカード専用ページ(http://www.unitedcinemas.jp/cinema-gift/)を参照

■ギフトカードASPサービスについて
 「ギフトカードASPサービス」は、凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピー株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:浜野一典、以下 富士通FIP)が共同で開始したもので、ギフトカードの残高管理を行うリアルタイムプロセッシングサービスです。ISO/IEC27001をはじめ各種国際認証を満たしたセキュアな富士通FIPのデータセンターで運用される信頼性の高いサービスとして、既に70社を越える企業に導入されており、国内随一の実績となります。これらのサービス実績としての優位性に加え、凸版印刷と富士通FIPが連携することで、ギフトカード事業導入に関するビジネスサポートから、ギフトカードの製造・発行、プロモーションサポートまで、ワンストップでサービスを提供できます。

注1: ギフトカード
残高をサーバで管理するカード型の商品券です。従来の紙商品券などに比べてデザインに自由度があり、管理負荷も軽い新しいギフトアイテムです。


※記載されている製品名・サービス名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

ページの先頭へ戻る