TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2012年06月22日

北九州スマートコミュニティ創造事業におけるインセンティブプログラム実証実験に参画

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、地域全体の電力負荷平準化と低炭素化に貢献するため、経済的なインセンティブを付与することによるピークオフ効果および経済効果を検証する実証実験を北九州市にて実施します。本実証実験は本年8月から2013年3月まで実施する予定です。
 具体的には、住民が地球環境や電力系統、コミュニティに貢献する行動を取った際に、割引やポイントなどインセンティブを提供します。「地域エネルギーマネージメントシステム(CEMS)」を活用し、電力ピーク時間に利用できる商業施設などのお得な情報を配信。電力ピーク時の外出ならびに経済活動を促すことで、家庭での電力使用量を削減するだけでなく、地域活性化にも貢献できます。
 なお、本実証実験は、2010年4月から経済産業省が推進している「次世代エネルギー・社会システム実証」(※1)地域の1つである北九州市における「北九州スマートコミュニティ創造事業」の一環として実施されます。

■ 実証実験について
実施期間:2012年8月~2013年3月まで(予定)
実施地域:福岡県北九州市八幡東区東田地区(※2)
目的;
・電力逼迫時に経済的インセンティブを付与することによるピークオフ効果および経済効果の検証
・経済効果を含む効果的なインセンティブについての検証
具体案;
・実施地域にて、スマートメーターを設置している約200世帯を対象に、ピークオフのための外出施策としてタイムセール用クーポンなどを配布する


Copyright 2012 TOPPAN PRINTING CO., LTD.

■ 今後の目標
 凸版印刷は、「コミュニケーション」、「BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)」、「セキュリティ」などの領域でサービスや運用機能を提供し、地域全体のエネルギー負荷平準化に貢献。低炭素化社会の実現に向けた効率の良いエネルギーマネジメントシステムの開発・事業化に向け、本実証実験の結果を活用していきます。

※1 「次世代エネルギー・社会システム実証」
「次世代エネルギー・社会システム実証」は、新成長戦略の「グリーン・イノベーションによる環境・エネルギー大国戦略」におけるスマートグリッドの構築と海外展開を実現するための取組とされる事業です。その一環である「北九州スマートコミュニティ創造事業」では、工場群にある排熱や水素を民生利用するとともに、建物間の電力融通を行うなど、地域エネルギーの有効活用を図ります。また、地域のエネルギー需給状況に応じて電力料金を変動させるダイナミックプライシングを実施するとともに、家電機器等の制御を行います。

※2 実証地域「八幡東区東田地区」について
日本近代産業発祥の地である北九州市八幡東区東田地区は、区画整理事業後、「環境で成長する街」「共有社会の創造」のキーワードのもと、官民協働で環境街づくりに取り組んでいます。現在、コジェネ発電、環境共生マンション、カーシェアリング等数多くの環境施策が実施され、標準街区に比較して既に20%のCO2削減街区となっています。


* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る