TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2012年02月10日

凸版印刷とトッパンシステムソリューションズ、
NFC搭載スマートフォンとSalesforceを活用した
フィールドサービス業務支援システムを販売開始

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)と、ITソリューションの開発を行うグループ企業である株式会社トッパンシステムソリューションズ(本社:東京都北区、代表取締役社長:井上英雄、以下 TSS)は共同で、NFC(※1)搭載のスマートフォンを活用したフィールドサービス業務支援システムを開発。2012年2月上旬より各種機器メーカー、メンテナンス会社など機器・什器を設置場所で保守や点検、管理する企業向けに販売を開始します。

 本システムは、管理対象物に取り付けたICタグをNFC搭載スマートフォンで読み取り、Salesforce上でメンテナンス情報や活動データなどを一元管理し、メンテナンス業務の負荷を軽減します。
 具体的には、あらかじめ管理対象物にユニークIDを持つICタグを取り付けておき、フィールドサービススタッフが、NFC搭載のスマートフォンでICタグのユニークIDを読み取ります。そのIDを個体の識別や、管理番号、設置店舗、設置年月日などのメンテナンス内容に紐付けて情報を登録。これらの情報は顧客管理・営業支援クラウドサービスのSalesforceで一元管理されます。
 さらにSalesforceのプラットフォームやアプリケーションを活用することで、管理対象物のある場所への訪問計画や、作業履歴などのほか、日報作成やメンテナンス活動データを集計・分析、プロセス改善など様々な業務プロセス支援が行えるため、業務負荷を軽減します。 また、専用リーダではなくNFC搭載のスマートフォンを活用するため、導入コストを低減。手軽な運用に加え、スマートフォンを活用した画像の撮影や地図の表示なども可能です。


Copyright 2012 TOPPAN PRINTING CO., LTD.

 本システムは、凸版印刷とTSSが情報技術の進歩にいち早く対応するために立ち上げた、技術開発組織「TSSラボ」が開発したものです。「TSSラボ」はスマートデバイスやクラウド、ソーシャルメディアなど最新技術を活用した、様々なソリューションの研究開発を行っています。
   凸版印刷のグループ企業であるTSSは、株式会社セールスフォース・ドットコムとのインプリメンテーションパートナーとなっており、コンサルティングやカスタマイズ開発を対応できます。セールスフォース・ドットコムのサービスに凸版印刷が培った業務設計や事務局運用のノウハウを付加価値として加えることで、様々な顧客ニーズに沿ったトータルソリューションの提供を実現します。

【背景】
 機器・什器を設置場所で保守や点検、管理する企業では、以下の課題がありました:
(1) 店舗やオフィスなどに設置された什器や設備などの管理をする際に、現物確認用資料を現場に持参する資料が多いこと
(2) 点検やメンテナンスの結果を事務所に戻って入力しなおす業務負荷
(3) 機器管理とスタッフの活動を管理するシステムが一元化されておらず、管理履歴の検索が困難

このため、スマートデバイスやクラウドといった最新技術を活用する管理業務の効率化が求められていました。

 また、NFC搭載スマートフォンの登場により、ICタグの読み取りに、高価な専用リーダが不要となり、管理対象物の認証にICタグ導入のハードルが低くなりました。

【本システムの特長】
・ユニークIDを持つICタグを管理対象物に取り付け、その固有情報とメンテナンス情報を関連付けて管理。
・フィールドサービススタッフが所持するNFC搭載スマートフォンで、情報の入力・収集を行い、その情報をSalesforceのデータベースで一元化。訪問や作業の履歴をデータ化し、日報の作成も容易にすることで、業務負荷を軽減。
・Salesforceは、管理項目の追加変更や情報伝達、承認フロー設定などがユーザーレベルで対応可能なため、システム構築の負荷が大幅に軽減。
・専用リーダではなくNFC搭載スマートフォンを活用することで、導入コストを低減。
・スマートフォンのカメラを使い写真でのレポートを実現。日報、スケジュール共有などのグループウェアとしても活用可能。
・ICタグは、隠れたり汚れたりしていても読み取りが可能で、堅牢性を持たせられるため、過酷な環境下でも運用が可能です。また、管理対象物に埋め込むなど、目立たないかたちで取り付けることもできます。
・ICタグに情報を書き込まない運用により、下記の運用メリットを実現。
(1) 管理項目の追加がしやすい
(2) 第3者にICタグを読み取られてもIDのみの表示となるためセキュリティが向上
(3) ICタグ破損時もリカバリー可能

【目標】
 2012年度 10社 2億円

【今後の展開】
 凸版印刷とTSSは、今後もスマートデバイスやNFC、クラウドなどを活用した新サービス開発を行い、様々な企業向けに、効果的なソリューションなどに提供していきます。

<凸版印刷のITソリューション事業について>
凸版印刷は、ITソリューションの開発を行なうグループ企業であるTSSと連携し、スマートデバイス、クラウド、ソーシャルメディアなどを活用した新サービスの開発を行なっています。

※1 NFC(Near Field Communication):
 ISOで規定された国際標準の近接型無線通信方式で、タイプA、タイプB、FeliCa、ISO15693の通信方式に対応し、非接触ICカード機能やリーダ/ライタ機能、機器間通信機能などが利用できます。

※2 Salesforce
 Salesforceは株式会社セールスフォース・ドットコムが提供する顧客管理・営業支援クラウドサービスです。セールスフォース・ドットコムは、ソーシャルエンタープライズへの移行をリードするエンタープライズ・クラウドコンピューティング企業で、100,000社以上の顧客が同社のサービスを利用しています。ソーシャルエンタープライズは、ソーシャル、モバイル、オープンなクラウドテクノロジーを活用し、お客様をビジネスの中心にします。

※なお、本システムは、2012年3月6日(火)から9日(金)に開催される「リテールテックJAPAN 2012」(会場:東京ビッグサイト、主催:日本経済新聞社)のトッパンブースにて展示されます。

※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

以上

ページの先頭へ戻る