TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2011年12月14日

凸版印刷、国内初 パッケージ関連分野にて
ウォーターフットプリントを活用したLCA評価支援サービスを開始

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、国内で初めて、パッケージ関連分野にてウォーターフットプリントを活用したLCA[※1]評価支援サービスを、2011年12月中旬より本格的に開始します。
 ウォーターフットプリントとは、製品の原材料調達から生産、流通、使用、廃棄・リサイクルまでライフサイクル全体で消費する水の量を算出し、水資源への負荷を定量化する手法です。凸版印刷では水を限りある資源と考え、持続可能な水利用を検討するため、製品の水消費量を算出し、製品の利用が水資源へ与える負荷を低減する取り組みを実施しました。ウォーターフットプリント算定は、東京都市大学の伊坪徳宏准教授の協力を得て、実現しました。
 凸版印刷では、製品を生産することによる環境への負荷を低減するため、製品のLCA評価を行い、環境負荷を定量化しています。2008年度より、LIME[※2]手法を検証し、2010年より導入、CO2排出量をはじめとする複数の環境指標を総合的に評価してきました。パッケージ分野では、先駆的な取り組みとしてウォーターフットプリント算定をサービスに組み込むことで、より統合的・包括的なLCA評価支援サービスが可能になりました。
 凸版印刷では、生活者にとって身近なパッケージ分野でのウォーターフットプリントを推進し、限りある水資源への負荷軽減に努めていきます。
 なお、凸版印刷のウォーターフットプリントに関する取り組みについて、2011年12月15日(木)から17日(土)に開催される「エコプロダクツ2011」(会場:東京ビッグサイト)のトッパングループブースで展示します。

<凸版印刷のLCA評価の取り組み>
 凸版印刷では、製品を生産することによる環境への負荷を低減するため、製品の原材料調達から生産、流通、使用、廃棄・リサイクルなどライフサイクル全体にわたって、資源の利用や化学物質の排出などによる環境負荷を定量的に評価するLCAに取り組んでいます。環境への負荷を表す指標としては、地球温暖化の原因といわれているCO2排出量を表示するカーボンフットプリント(CFP[※3])が注目されていますが、環境への負荷を低減するためにはCO2排出量だけでなく複数の環境指標を評価する必要があります。凸版印刷では2008年度よりLIME手法を検証し、2010年より導入、CO2をはじめとする複数の環境指標を統合的に評価してきました。LIMEとは、生産などの活動が人間の健康や生物多様性などの領域に与える被害量を算出し、複数の環境影響を網羅的に把握する日本版被害算定型環境影響評価手法です。凸版印刷では、電子レンジ用発熱シート「サセプター」をはじめとする複数の製品でLCA評価に取り組み、環境負荷の低減に努めています。

<ウォーターフットプリントとは>
 近年、水不足は国際的に深刻な問題であり、持続可能な水資源の利用はグローバルにサプライチェーンを持つ企業にとって重要な課題となっています。
 ウォーターフットプリントとは、製品の原材料調達から生産、流通、使用、廃棄・リサイクルにいたるまでのライフサイクル全体を通して消費される水の量を算出し、水資源への負荷を定量化する指標です。国際標準化機構(ISO)による規格化が進められており、CFPに続き最も注目されている環境指標の一つです。

<電子レンジ用発熱シート「サセプター」とは>
 PET樹脂の表面にアルミを蒸着させることにより、電子レンジ加熱で発熱する包装材です。食品を焼く、焦がす、カリカリにするなどの処理が可能です。高齢化、個食化、内食化の進行による電子レンジ需要の高まりから、さまざまな用途へ展開されています。

※1 LCA(Life Cycle Assessment)
製品の原材料の資源の採取から生産・使用・リサイクル・廃棄などライフサイクル全体にわたって、投入する資源や排出する環境負荷を定量的に評価する仕組みです。
※2 LIME(Life-cycle Impact assessment Method based on Endpoint modeling)
日本版被害算定型環境影響評価手法として、LCA国家プロジェクトにおいて開発された手法です。環境負荷が人間健康や生物多様性などの領域に与える被害の量を被害金額として求めることで、複数の環境負荷を単一指標に統合できます。
※3 CFP(Carbon Footprints of Products)
製品のライフサイクル全体を通して排出されるCO2排出量をマーク表示する仕組みです。

以上

ページの先頭へ戻る