みん食トピックス

「みんなの食たく~食事バランスガイド版~」を授業で使用しました。

実施日
2月9日(金)
実施
杉並区立和田小学校4年生 26名

授業では、食事バランスガイドのコマのイラストについて先生から説明があった後、「みんなの食たく~食事バランスガイド版~」で料理を並べてもらいました。

当日の給食を昼ごはんに並べ、次に朝・夕の料理を各自並べてバランスチェックしました。公開授業だったので保護者の方も見学されおり、「朝ごはん何食べたかな?」などお母さんに質問しながら料理を探すなど、楽しく食事バランスについて考えてもらいました。

先生の指導案

実施:
杉並区立和田小学校4年生 26名
実施日:
2月9日(金)
教科:
体育
単元名:
育ちゆくからだと私 ~コンピュータで食事バランスチェックをしよう~
指導者:
佐藤 正文

指導計画(全2時間)

時間 学習活動 評価基準
1

○発育・発達と、食事・睡眠・運動の大切さを知る。

  • これまでの成長の様子を振り返る。
  • 食事、睡眠、運動と成長とのかかわりについて話し合う
  • 食事、運動、睡眠の観点で考えている。
  • 友だちの意見を聞き、自分の考えを発表している。
2
(本時)

○発育・発達のためのバランスのよい食事がわかり、自分の食べ方について考える。

  • 「食事バランスガイド」を活用して、バランスよく食事をすることについて知る。
  • 1日の献立作りをする。
  • さまざまな食品を、バランスよくとる必要があることを理解している。
  • バランスよく献立づくりができるように、考えながら取り組んでいる。

本時の展開

(1)目標

食事のバランスを学ぶことにより、自分の食生活に課題意識をもち、改善方法を考えることができる。

(2)展開
学習活動 活動への支援 評価 ITとの関連

1.食事バランスガイドのイラストについて気付いたことを発表する。

  • 主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物のバランスが大切であることを知る。

2.給食について話し合う

  • 給食の献立は、バランスよく作られていることを確認する。
  • 食事バランスガイドのポスターを提示し、興味・関心をもたせる。
  • バランスのよい食事と運動、睡眠が大切であることに気付いている。
  • 給食の献立表を提示し、次の学習の内容がとらえられるようにする。
  • タブレットPCの活用。
  • 「みんなの食たく~食事バランスガイド版~」をプロジェクターで投影し、操作方法を分かりやすく説明する。

バランスのよい食事について考えよう

3.食育ソフトを各自操作し、一日の献立を考える。

  • 結果をもとに、バランスがよくなるように改善する。

4.全体で、バランスよく食事を摂るための方法を考え、発表する。

  • 食事バランスをチェックする。
  • 好き嫌いをしない。
  • コンピュータの操作方法がわからない児童には個別に指導する。
  • 一日の献立がバランスよくなるよう、考えながら並べることが出来る。
  • 児童の発言をもとに、児童の言葉でまとめるようにする。

関連リンク

MSNニュース コンピューターで「論理的思考力」を身につける 東京・杉並区立和田小


ページの先頭へ