ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

半導体関連製品のご紹介 オンチップカラーフィルタ

画像入力素子であるCCDまたはCMOSイメージセンサをカラー化するために必要なのが、オンチップカラーフィルタです。

シリコンウェハ上に形成された受光素子の一つ一つの上に光の3原色である赤・緑・青(RGB)、または補色のシアン・マゼンダ・イエロー・グリーン(CMYG)のカラーフィルタを直接形成します。

また、カラーフィルタ上にはイメージセンサの集光力をさらに高め、感度向上を実現するためのマイクロレンズを形成しています。

オンチップカラーフィルタ

オンチップカラーフィルタが形成されたシリコンウェハ

オンチップカラーフィルタの構造とマイクロレンズの効果

マイクロレンズあり マイクロレンズなし

高精細化、高画質化に向けた技術開発

トッパンはマイクロレンズの理想形状化による集光性向上や、高解像性カラーレジスト開発のほか、超微細粒型顔料の開発など微細画素の技術トレンドに先行した技術開発を行なっています。
また、用途などによって要求性能が異なる分光特性に対しても、個々のご要望に応えるべく開発を進めています。

フッタエリアはここからです。

PAGE TOP

Copyright © 2017 TOPPAN PRINTING CO., LTD. All Rights Reserved.