ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

新商材のご紹介(開発品) 調光フィルム「LC MAGIC」

調光フィルムとは、電気のON/OFFで「透明」と「不透明」を瞬時に切り替え可能な機能性フィルムです。
トッパンの調光フィルム「LC MAGIC」は、世界最高レベルの透明性や遮蔽性を持ち、また映像投影スクリーンとしての機能なども有しています。住宅やオフィス、商業施設などの建築関連、また自動車や航空機など、幅広い分野での採用が期待されています。

写真

特長

  • 世界最高レベルの透明性と遮蔽性、優れた赤外線カット機能
    →優れた透明性と遮蔽性を有し、また不透明(白濁)時には赤外線を70~75%カットします。
    (透明時には赤外線20~25%カット)
  • 超薄型化を実現し、曲面やガラスへの後貼り施工も容易
    →フィルム厚 約0.1mmという超薄型化の実現により、曲面形状やガラスへの後貼り施工も可能です。
  • 1,200mmの広幅対応を実現、ロール出荷が可能
    →1,200mm幅でのロール出荷が可能なため、大型サイズのニーズにも対応します。
  • 低電圧・低消費電力駆動を実現
    →駆動電圧20~60V(ノーマルモード)を実現し、他の調光フィルムに比べて低電圧・低消費電力を可能にしました。
  • 階調表示が可能
    →電圧の変化による「透明」と「不透明(白濁)」の段階的な階調表示が可能です。
  • 自由なデザイン、優れた意匠性
    →フィルムのため、ハサミやカッターで自由な形状に加工でき、スリットや穴あけ加工も容易です。
    また、ブラックなどのカラーバリエーションにも対応可能です。
  • 高精細な映像投影により、スクリーンやサイネージとして活用可能
    →映像投影によりスクリーンやサイネージとしての活用も可能で、さまざまな場所での展開が期待されます。

製品ラインアップ

ノーマルモード 電源オフ(非通電)時に「不透明」、電源オン(通電)時に「透明」となる通常タイプ。
ノーマルモード
リバースモード<開発中> 世界初、電源オフ(非通電)時に「透明」である新タイプ。
リバースモード

用途展開例

  • 住宅やオフィス、公共施設における、窓や室内パーテーション
  • 商業施設やイベント会場での映像投影スクリーン、サイネージ
  • 自動車や航空機の窓・サンルーフ など

<開発事例> 電子ブラインド

調光フィルム「LC MAGIC」と、トッパンの銅タッチセンサー技術の融合により、タッチ操作で透明と不透明(白濁)を瞬時に切り替え可能な「電子ブラインド」を開発中。

※LC MAGICおよびLC MAGICロゴは、凸版印刷株式会社の登録商標です。

サブコンテンツエリアはここからです。
フッタエリアはここからです。

PAGE TOP

Copyright © 2017 TOPPAN PRINTING CO., LTD. All Rights Reserved.