ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

新商材のご紹介(開発品) 大型ガラス導通材

抵抗値の低い銅をガラス上にパターニングした、大型ガラス導通材を開発しました。
最大730mm×920mmの大型ガラス加工が可能で、各種装置用の大型配線基板や大面積の各種ガラスセンサーなど、さまざまな用途への展開が期待されます。

写真

特長

  • 抵抗値の低い銅を用いてガラス基板上にパターニング
  • 大型ガラス加工に対応
    → 最大730mm×920mmに対応可能

層構成

<1層導通材>

<2層導通材>

仕様・ラインアップ

ガラスサイズ

面積

730×920mm

620×750mm

680×880mm

厚み

0.5mm

0.7mm

1層目配線

銅厚

0.30μm

シート抵抗値

0.1Ω/□

解像性(L/S)

10μm/10μm

2層目配線

銅厚

0.30μm

シート抵抗値

0.1Ω/□

解像性(L/S)

10μm/10μm

層間膜(アクリル樹脂)厚

1.0~2.5μm

層間膜ホール径

20μm

配線パターンイメージ(SEM画像)

Cuライン:10~15μm

Cu丸形状:10μm

※お客さまのご要望により、線幅や銅厚の調整等も可能です。

サブコンテンツエリアはここからです。
フッタエリアはここからです。

PAGE TOP

Copyright © 2017 TOPPAN PRINTING CO., LTD. All Rights Reserved.