ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

ディスプレイ関連製品のご紹介 銅タッチパネル

マウスやキーボードを使わずに、直感的な操作を実現するタッチパネル。
トッパンはエレクトロニクス関連製品で培った微細加工技術を応用展開し、タッチパネル用の銅タッチセンサーを開発しました。
フィルム基板の上に形成した微細な電極が、指の動きを正確に伝えます。

銅タッチパネル

銅タッチパネル

トッパンはエレクトロニクス製品で培った微細加工技術を応用展開し、タッチパネル用の銅センサーフィルムを開発。
銅を電極材として使用することで、抵抗値を大幅に低減、操作性の向上と大型化・軽量化を可能としました。
タッチパネルの企画・設計から生産まで、お客さまのさまざまなニーズにお応えします。

銅タッチパネル

銅タッチパネルの特徴

静電容量型タッチパネルの開発には、電極の抵抗値と寄生容量の変化特性を合せ込み、最適化する設計ノウハウが重要です。
トッパンは、タッチパネルの企画・設計段階から内製化することで、電極パターンのデザイン、コントロールICや使用する材料など、センサーの特性と合せ込み、最適化したタッチパネルを提供します。
タブレット端末・PCや大型ディスプレイ、デジタルサイネージ向けに独自の銅薄膜を形成したフィルムを開発。高度なエッチング技術で、高精細な電極をパターンニングしています。さらに、銅(電極)を独自の黒化処理加工を施し、視認性とコントラストを向上させています。

銅タッチパネルモジュール

  • 低抵抗 : 0.011Ω/□

→ 大型化、高ノイズ耐性、 高速動作(windows 認証)、狭額縁

  • 高い透過率

→ 高い視認性

  • 独自のCu 黒化処理技術

→ コントラストの向上

  • 電極・引き出し配線を一括形成

→ 品質安定、工程削減(低コスト)

  • Roll to Roll 製造方式

→ 高い生産性

  • センサーからモジュールまで一貫生産

→ ご要求にスピーディーに対応

  • マルチサイズ対応

→ モバイル用途から80” サイズまで対応可能

銅タッチパネルモジュール

フッタエリアはここからです。

PAGE TOP

Copyright © 2017 TOPPAN PRINTING CO., LTD. All Rights Reserved.