TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報
安全道場
  • 安全道場 TOP
  • 安全道場 概要
  • 体感学習
  • ご利用案内
  • 地図・アクセス

体感学習とは何か? 何が危険かを知ること(不安全状態)+危険とは何かを知ること(不安全行動)→安全・安心を確保する

安全体感

挟まれ・巻き込まれ
 
巻き込まれ 挟まれ 巻き込まれ
ローラー巻き込まれ体感
印刷機のローラーに付着した異物を拭き取ろうとした時、機械を止めずに不意に手を出してしまうと、ウエスごと手が巻き込まれてしまいます。手がローラーに巻き込まれ、一瞬でまったく抜けない状況になることを体感します。
プレス挟まれ体感
パッケージなどの用紙の型を打ち抜くプレス機械で起こる「挟まれ」を体感します。プレス機械の間に実際に手を入れて、つぶされる怖さを感じ取ります。
Vベルト、チェーン巻き込まれ体感
Vベルトの交換時には、突然モーターが稼働して指が巻き込まれる危険性があります。
Vベルトあるいはチェーンと駆動部分に指の代わりに割り箸を入れて、巻き込まれる様子を体感します。一瞬の不安全行動が指の骨折や切断にもつながることを学びます。
ボール盤巻き込まれ体感
ボール盤などの回転物へ巻き込まれる状況を体感します。ボール盤に軍手をはめた疑似手を近づけ、手袋をはめて作業することが逆に巻き込まれを引き起こす危険を含んでいることを認識します。保護具(ゴーグル)を使用する必要性についても理解します。
ドクター切創体感
鋭利な刃物を扱う時、素手で操作・作業する危険性と怖さについて学びます。さらに耐切創性に優れた保護具(手袋)を使用する必要性についても理解します。
落下・衝撃体感
重量物が自分の足に落下したときの衝撃について、現物を目視確認する事で、その度合いを感じ取り、安全靴の着用がいかに大切かを理解します。
残圧挟まれ体感
エアー残圧状態で簡易処置だけ済ませて作業を進めた場合、挟まれることがあります。それを防ぐため、残圧を処理して安全に作業をするためにはどうすればよいのかを学びます。
階段転倒体感
普段、何気なく昇り降りしている階段でも、非常に危険な場合があることを理解、確認します。また、基本的なことをおろそかにすると、転落・転倒事故につながる危険性があることを学びます。
ヒューマンエラー
 
ヒューマンエラー体感
駅構内などでよく見かける『○○○よし!』の指差し呼称を安全活動に日々取り入れると、一連の確認動作や注意を払うべき対象を明確に示し、ミスや労働災害の発生確率を格段に下げることができると証明されています。この指差し呼称による効果として作業の正確性と時間短縮を図ることができます。
× ○
インターロック
「人間は誰でも間違える」、「間違えることは避けられない」という基本的な人間行動の認識のもと、正常な動作・運転を逸脱した場合にも安全を確保する各種安全装置や安全機構について学びます。
工具の使い方
工具は、使い方によっては危険な道具になる可能性があります。数種類のドライバーやスパナを例に、場所や形状に合った正しい工具類の使い方を学びます。

衛生体感

衛生
 
AED操作体感と胸骨圧迫実技
突然遭遇するかもしれない心停止状況の場面。その時落ち着いて胸骨圧迫やAEDの操作ができれば、救命率向上の手助けになります。AEDが到着するまでは胸骨圧迫が必要です。胸骨圧迫の実技を通じてAEDの使用方法、操作を理解します。
感染症予防に手洗い評価体感
季節性インフルエンザ、ノロウィルス、あるいは鳥インフルエンザ等に感染しないためにどう対処するか? 手洗いやマスク着用、うがい、発生源には近寄らない等が一般的な対処法とされています。
手洗い評価キットを使用すると、一目で洗い残し箇所がわかります。普段の手洗いの癖や習慣による不十分さを認識し、正しい手洗い方法がいかに大切かを理解します。

防火体感

火災の種類
 
火災の中でも2種類の電気火災について学びます。体感学習を通して燃焼の3要素『着火源、着火物、酸素』を理解することができます。
溶剤及びガスの静電気火災とガス爆発 トラッキング(コンセント火災)
 
静電気による引火・爆発体感
静電気の管理が不十分だと火災や爆発事故にもつながる危険性があることを理解します。
電気火災体感
タコ足配線とトラッキング現象による発火を疑似体験します。一般家庭でも同じく電気を使用しているので、定格容量オーバーや電源プラグを長期間差し込んだままにすることが、どれだけ危険かを体感します。


ページの先頭へ戻る