TOPPAN  
第10回 トッパン チャリティーコンサート
開催趣旨 識字教育 開催概要 これまでの実績

識字教育

 識字――人間が生きていくために重要で、貧困からの脱出や、健康で文化的な生活をおくるためには必要不可欠な能力。世界で識字を身につけていない成人(15歳以上)は7億8,100万人とも言われており、そのうち2/3が女性です。これらの女性が識字を身につけることは、本人はもちろん、子どもや家族の健康の増進、生活の向上を力強く支えます。そして、識字の大切さを知ったお母さんは自分の子どもにも識字教育を受けさせるという好循環が始まります。

アジアの女性、特に育児中のお母さんから子どもたちへ

 そこで公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)では、幼い子どもを育てるお母さんを対象に、識字教育支援を行っています。家庭、地域の一員として活躍できるように、学習者たちは母子保健や衛生、子育てといった身近なテーマで、識字能力と自信を身につけています。ACCUは「女性のための識字教育センター(LRC)」と共に、これまでアジア7カ国でこの事業を展開し、現地でのモニタリングを行って一層の充実を図っています。

女性のための識字教育センター(LRC)

1994年から、ACCUがアジア各国の政府やNGOとともに17カ国・18カ所で設立した識字教育の支援センター。
カリキュラムや教材の開発、人材の育成やトレーニング、情報や参考資料の収集と提供、人的ネットワークづくりなどを行っている。

LRC拠点図
カンボジア(プノンペン市郊外)。母子保健をテーマにした識字教室。©ACCU カンボジア(プノンペン市郊外)。母子保健をテーマにした識字教室。
©ACCU
カンボジア。国全体の識字率の統計だけではわからない、地方の厳しい状況がある。©ACCU
カンボジア。国全体の識字率の統計だけではわからない、地方の厳しい状況がある。©ACCU
  パキスタンの識字教育活動。女性は女性だけで集まって学ぶことがほとんど。©ACCU
パキスタンの識字教育活動。女性は女性だけで集まって学ぶことがほとんど。©ACCU
公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)について

人をつなぎ、知をはぐくみ、未来をひらく
ACCUはアジア太平洋地域の人々と共に学びの輪を広げます。

日本政府と民間の協力により、1971年に設立されて以来、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の謳う「平和は、人類の英知と精神的な連帯のうえに築かれるものである」という精神のもと、ユネスコと連携し、アジア太平洋地域諸国の教育と文化の分野で人材の育成と相互交流を促進する事業を展開しています。

主な活動

すべての人に教育を、すべての人に笑顔を

- SMILE Asia プロジェクト(母子保健をテーマにした識字教育支援)の実施

- 国内外での教育の重要性に関する啓発活動

人をつなげる、未来とつなげる

- ESD(持続可能な開発のための教育)の推進

・アジアでの国際協働プロジェクト

・若者主体の持続可能なコミュニティ開発プロジェクト

・ユネスコスクール活動の推進

- 教職員国際交流事業

・日韓、日中、日タイ、日印教職員の相互交流

- 高校模擬国連事業

共にひきつぐ、文化と伝統

- 文化遺産保護協力事業

・文化遺産保護のための専門家養成研修、国際会議開催、
高校生のための世界遺産教室の開催

すべての人に教育を、すべての人に笑顔を
人をつなげる、未来とつなげる
共にひきつぐ、文化と伝統
ACCU 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター 〒162-8484 東京都新宿区袋町6日本出版会館 TEL:03-3269-4435 FAX:03-3269-4510 E-mail:general@accu.or.jp URL:http://www.accu.or.jp
ACCU 財団法人 ユネスコ・アジア文化センター