TOPPAN SOCIAL INNOBATION

文化財を核に観光振興による地方創生を実現!

地方創生

地方創生における「戦略策定」「地域資源利活用」から
「施策実行」にいたるまで包括的なソリューションを提供します。

背景・取り組み全体像

地方創生の課題として、各地方自治体の雇用創出、人材流入、地方間連携の強化促進などが挙げられます。あわせて、国の観光立国推進が加速し、国際競争力の高い魅力ある観光地域の形成やこれらに寄与する人材の育成、受入環境整備などが求められる中、「観光振興による地方創生」を目指す取り組みが活発化しています。なかでも、日本各地に点在する文化財を観光資源ととらえ、産官学が連携し観光分野で利活用する取り組みが進んでいます。
トッパンは、この観光振興による地方創生を「戦略策定」、「地域資源利活用」、「施策実行」の3つのフェーズに分けソリューションを提供しています。
「戦略策定」フェーズでは、専門のアドバイザやスタッフが各種調査や関係者ヒアリングを通じ、地域が抱える課題を可視化、解決のための戦略策定や組織づくりを支援。
「地域資源利活用」フェーズでは、様々な地域資源の発掘から利活用の具体案を策定しコンテンツ化することでまちの魅力を向上。
「施策実行」フェーズでは、地域のブランド化からまちの魅力をPRするプロモーションやイベントなど具体的な施策の策定、実行、効果検証までをトータルに実施。
これら3つのフェーズをワンストップで提供することで、トッパンは、地方創生を強力に支援していきます。

トッパンの強み

ポイント1:地方創生における専門知識・実績を有するスタッフィング

地方創生において専門知識・実績を有するアドバイザや調査スタッフが調査分析から戦略策定を実施します。その地域の様々なステークホルダーとの調整を行いながら、地域の実態や特性に合わせた戦略策定・組織づくり支援を行います。

ポイント2:地域資源の発掘、磨き上げによる文化財の観光コンテンツ化

地域の魅力を最大限に引き出すため、地域資源や文化財を観光コンテンツ化します。地域に存在する「らしさ」のある地域資源の発掘、分析を通じ、観光コンテンツとしてあるべき打ち出し方を検討。ARやVRなど様々なコンテンツ加工技術を用い、訪問したくなる魅力的なコンテンツを作り出します。

ポイント3:目的に応じた最適なプロモーション企画・実行力

総合戦略に基づき、その目的を達成する最適なプロモーションを企画・実行します。ターゲットやタイミングに応じ、各種媒体を活用した企画設計、効果検証をトータルに実行します。

提供メニュー

日本版DMO形成支援ソリューション

DMO形成支援業務に豊富な実績を有するアドバイザ、調査スタッフによる仮説立案・調査・分析により地域が抱える課題抽出から、今後のまちのあるべき姿(総合戦略)を策定します。また戦略を推進するに際してのDMO内部の組織づくり支援など全般のサポートを行います。

文化財のAR/VR化によるビジュアルソリューション

地域固有の文化財を観光資源として利活用すべく、文化財をAR/VR化します。高度な計測技術、印刷技術で培われたカラーマネジメント技術、高精細な画像データ処理技術を核に文化財をデジタル化。デジタル化したコンテンツは、スマートデバイスや様々なメディアを通じて配信するなど、利活用の幅を拡大するとともに、付加価値のある体験の提供を実現します。

旅道プラットフォーム

日本中の観光コンテンツを格納するトッパン独自の観光プラットフォームである「旅道®」を活用することで、旅行のフェーズである旅マエ、旅ナカ、旅アトの全フェーズにおける訴求が可能となります。情報発信、コミュニケーション支援、マーケティング情報分析などの全方向での支援を一気通貫で提供します。

事例紹介

桜川市地域DMO形成準備支援事業(茨城県桜川市)

桜川市の地域資源「ヤマザクラ」の価値確立とともに、「まちづくり」・「しごとづくり」を通じた地域DMO形成支援

変化する地域課題解決へのトッパンVR活用『熊本城』(熊本県熊本市)

丁寧な現地取材や学術考証に基づき、江戸時代中頃の「熊本城」を精緻に再現。歴史ガイダンス施設のシアターで公開する他、タブレット向けアプリ等にも展開

取り組みに関する
お問い合わせはこちら