TOPPAN SOCIAL INNOBATION

地方創生

変化する地域課題解決へのトッパンVR活用(熊本県熊本市)

丁寧な現地取材や学術考証に基づき、江戸時代中頃の「熊本城」を精緻に再現。歴史ガイダンス施設のシアターで公開する他、タブレット向けアプリ等にも展開。

提案内容

熊本観光の導入部である歴史ガイダンス施設の目玉コンテンツの一つとして、江戸時代の熊本城を紹介するVRシアター開設を提案。開館後も、トッパンVRの柔軟な拡張性を活かし、継続的にデータやシナリオ演目など、コンテンツの更新を提案しています。

協業パートナー

株式会社トータルメディア開発研究所

事業概要

2011年、九州新幹線開業により更なる観光客増加が見込まれる中、熊本城と中心市街地や旧城下町をつなぐ熊本城周辺観光の拠点として「桜の馬場・城彩苑」が整備されました。その中で当社は、地元の飲食物販事業者と連携したPFI事業として歴史文化体験施設「湧々座」の整備および運営に携わると共に、同施設で公開するVR作品『熊本城』の制作を担いました。
VR作品『熊本城』は、丁寧な現地取材や古図面などの資料調査、城郭研究の専門家による学術監修に基づき、明治の西南戦争で焼失する以前の多くの櫓が建ち並ぶ熊本城の姿を再現した作品です。開館以降は、トッパンVRの特長である拡張性を活かし、新たな上映シナリオを追加する他、湧々座スタッフがVRを操作しながら江戸時代の熊本城を案内したり、役者の寸劇とコラボレーションをしたりするなど、柔軟なシアター運用を行っています。また、VR作品『熊本城』のデータを活用し、熊本城内を歩きながら江戸時代の姿を見ることができるタブレット向けアプリ等も開発しています。

多くの櫓が建ち並ぶ江戸時代の姿を再現
  • VR作品『熊本城』
  • 製作:熊本城観光交流サービス株式会社
  • 制作・著作:凸版印刷株式会社
湧々座でのVR上演風景

成果および今後の取り組み

2016年4月の熊本地震により、熊本城は重要文化財建造物の倒壊や石垣の崩落など、甚大な被害に見舞われました。熊本市の発表によると、熊本城が地震前の姿を取り戻すまで、約20年を要するとされています。当社は、熊本城の早期復旧に向けて、VR制作時に取得した被災前の熊本城を記録した約4万点のデジタルアーカイブデータを活用し、熊本大学との連携による石垣復旧支援技術開発を進めています。
また、湧々座では被災前の熊本城を巡れるVR作品の拡張公開(2018年3月完全公開予定)のほか、現在の熊本城の様子を見られるよう展示更新も行っています。

トッパンならではのソリューションポイント

1.精緻なデジタルアーカイブと再現考証
現存する文化財は高精細撮影や三次元計測、色彩計測等の手法で精緻にデジタルアーカイブを行い、現存しない往時の姿は丁寧な調査や専門家による学術監修に基づき精緻に再現します。
2.トッパンVRの臨場感・拡張性
あたかも自分がその場にいるような高い臨場感・没入感と、通常では体験できない鑑賞手法(超接近・拡大、俯瞰等)により、文化財との新たな出会いや発見を創出します。またトッパンVRは、大型シアターでの上演からタブレット等のモバイル端末、HMDデバイスでの鑑賞まで、多様な鑑賞スタイルに対応可能です。

関連リンク

取り組みに関する
お問い合わせはこちら