トッパン年史センター
ごあいさつ
私たちの哲学
トッパン年史センターとは
会社史に託す夢
実践的会社史論
年史・社史編纂室から
博報堂120年史
ニッカウヰスキー80年史
ヤクルト75年史
トンボ鉛筆100年史
三井不動産七十年史
アサヒビールの120年 その感動をわかちあう。
ヨロズ60年の歩み
日立キャピタル50年の記録─次の50年、持続的成長のために─
夢の50年史『高級化粧品アルビオンの歩み』『語り継ぐアルビオンの言葉』
長瀬産業株式会社 創業175年―この40年の歩み
高砂香料工業株式会社80年史
年史編纂技法
お問い合わせ
TOP
年史・社史編纂室から

「ニッカウヰスキー80年史」元ニッカウヰスキー株式会社 常勤監査役宇佐美達也さんの体験談をうかがいました。

PageNo. 1 2 3

会社概要をお聞かせください・・・

 ニッカウヰスキー株式会社は、1934年(昭和9年)7月2日設立、従業員約300名の洋酒全般と焼酎の製造会社です。2001年アサヒビールと営業統合し、販売はアサヒビールが行っております。2002年、旭化成の酒類部門が当社と一緒になり、2006年アサヒ協和酒類製造鰍ニ合併しました。工場は、創業者竹鶴政孝がつくった発祥の地である北海道の余市蒸留所を含め7ヶ所です。関係会社2社、海外では英国のグラスゴー北部のフォート・ウイリアムスに蒸留所があります。


会社の沿革は・・・

 創業者は竹鶴政孝で、2014年NHK、朝の連続テレビ小説「マッサン」のモデルになり、「日本のウイスキーの父」と言われています。政孝は日本人として初めて本場スコットランドでウイスキーを学び、日本で理想のウイスキーづくりにその生涯をささげました。

 1894年(明治27年)、広島県竹原で生まれ、大学を卒業後、「摂津酒造」に入社、社命によりスコットランドに留学、ウイスキーづくりを学んで帰国しました(そのときに奥さまのリタさんを連れて帰られました)。

 帰国した日本は大正の大不況下で、摂津酒造はウイスキーづくりのための経済力がなく、本人は会社を辞めることになりました。その後、1923年(大正12年)「寿屋」に入社し、山崎の地で原酒製造工場をつくり工場長になりました。11年後、「寿屋」を退社、1934年(昭和9年)7月2日、当社の設立になる「大日本果汁」を北海道余市につくりました。「大日本果汁」の「日」と果汁の「果」をとって「ニッカ」という名前で商標登録し、「ニッカ林檎汁」を翌年発売しました。1952年(昭和27年)「ニッカウヰスキー」に商号を変更し、1963年(昭和38年)カフェ式連続式蒸溜機(カフェスチル)を日本で初めて英国から導入し、グレーンウイスキーをつくりました。1969年(昭和44年)仙台工場竣工、1977年(昭和52年)栃木工場を竣工し、竹鶴政孝はその翌々年に亡くなりました。


社史制作の目的とかかった時間は・・・

 年史刊行は設立80周年の記念事業の一環です(2014年6月20日が創業者、竹鶴政孝の生誕120年にもなります)。80周年事業の目的は三つです。一つはステークホルダーへの感謝の気持ちを伝えることで、当社が今あることの感謝の気持ちを伝え、今後の良好なコミュニケーションづくりを通じてニッカの魅力や、オンリーワンを目指す企業姿勢を発信したいと考えました。もう一つは従業員のロイヤリティの向上、次世代に向けての発信です。80年の歩みを確認して、先輩方に感謝し、90年、100年への方向性を共有化することが目的です。ニッカグループで働く喜びや意義を新たにして、モチベーションアップにつなげ、次の企業文化を構築する節目としたいという思いです。

 三つ目がアーカイブズで、80年の歩みを資料として整理整頓、保存し、未来に残すことで情報収集や検索する際の業務の効率向上を図ろうとしました。

 2013年10月、編纂推進委員会が正式にスタートし、完成は当初の予定通り2015年7月2日でした。制作期間は足かけ約2年半でした。


社史の仕様・構成について

Page Top

Copyright(c) 2010 TOPPAN PRINTING CO.,LTD.

TOPPAN