トッパン年史センター
ごあいさつ
私たちの哲学
トッパン年史センターとは
会社史に託す夢
実践的会社史論
年史・社史編纂室から
博報堂120年史
ニッカウヰスキー80年史
ヤクルト75年史
トンボ鉛筆100年史
三井不動産七十年史
アサヒビールの120年 その感動をわかちあう。
ヨロズ60年の歩み
日立キャピタル50年の記録─次の50年、持続的成長のために─
夢の50年史『高級化粧品アルビオンの歩み』『語り継ぐアルビオンの言葉』
長瀬産業株式会社 創業175年―この40年の歩み
高砂香料工業株式会社80年史
年史編纂技法
お問い合わせ
TOP
年史・社史編纂室から

「ヤクルト75年史」株式会社ヤクルト本社 広報室 特別参与
伊藤親利さんの体験談をうかがいました。

PageNo. 1 2 3

会社概要をお聞かせください・・・

 株式会社ヤクルト本社の設立は1955年(昭和30年)4月9日。現在の所在地は東京都港区東新橋1丁目1番19号です。資本金約311億1,700万円、従業員数2,996名、事業内容は「ヤクルト」や「ヤクルト400」だけでなく、「ジョア」や食品、化粧品、医薬品などの製造販売となっています。

 30年ほど前のバブル期に、資金運用、デリバティブなどで利益を出しましたが、特損1000億円超という大事件を引き起こし、現在はファンドなどに投資することはすべてご法度です。

 他に抗がん剤に特化した医薬品は利益源でしたが、2012年の薬価改定で不振になり、代わって海外事業が活発です。ヤクルトは国内だけでなく、海外に27の事業所、32の国と地域に進出をいたしております。海外展開の利益、売上高が大いに反映し、平成26年3月期、連結売上高約3,500億円、経常利益約400億円を計上しています。

 ヤクルトのイメージをみなさまにお聞きしますと、日本国中、決まって「ヤクルト」、「ヤクルトレディ」、「スワローズ」という答えが返ってきます。乳製品は、国内外合わせて毎日約3000万本が販売され、ヤクルトレディは国内約4万人、海外約4万2000人、合計8万2000人が、世界中で活躍しております。

 東京ヤクルトスワローズは、球団の経営はそこそこですが、ただ一つ成績不振の事業です。昨年は最下位、今年(2014年)も「三強二弱一論外」の「一論外」と言われ、最後まで最下位を独走してしまいました。つい先日、成績不振で監督更迭ということになりました。もっと長くやってほしかったのですが、何とも残念な限りです。


会社の沿革は・・・

 1930年(昭和5年)、医学博士代田稔が京都帝国大学医学部で、「ラクトバチルス  カゼイ シロタ株」(今日の「乳酸菌 シロタ株」)の強化培養に成功し、5年後、福岡市で「ヤクルト研究所」のもとに、乳酸菌飲料「ヤクルト」が発売されます。ヤクルトの創業日は、代田博士の菌株が提供されるようになった1935年、当時その年に収穫された穀物を神に供える日とされた新嘗祭である11月23日と定め、名称も「代田保護菌研究所」としました。その中心となったのが、後の株式会社ヤクルト本社の初代社長永松昇氏です。

 当時永松氏は、菌株を求めて京都帝国大学をしばしば訪れ、代田博士と出会います。代田博士の「予防医学」「健腸長寿」「乳酸菌飲料の普及を通じて人々の健康に貢献する」という考え方に大いに感動しました。今でも企業理念とともにヤクルトでは「代田イズム」として大切にしている考え方です。

 1939年(昭和14年)、永松氏は販売部門の分離独立を図り、「代田保護菌普及会」を設立、本社を山口県宇部市に置き、中国地方をはじめ西日本に販路を広げました。

 しかし、1941年(昭和16年)12月、太平洋戦争が勃発し、原材料、特に乳の入手が困難になりました。代用品として蚕のさなぎを牛乳の代わりにしましたが、これも手に入りにくくなり、やがて事業は縮小されました。

 戦後、ばらばらになっていたヤクルト関係者を代田稔、永松昇の両氏が集めました。旧ヤクルト関係者を中心に事業再開の機運が波及し、1951年(昭和26年)戦後初の本格工場である大牟田工場を立ち上げました。また、全国規模に組織再編するため1955年、販売会社、製造工場の関係者らの強い要請で1955年(昭和30年)4月、株式会社ヤクルト本社を設立、初代会長に代田稔、初代社長に永松昇が就任します。

 この本社設立前夜、ニューリーダーが登場します。1954年、松園尚巳氏は九州から自己資金を携え上京し、永松氏から八王子の営業権を受け、関東の製造工場を中心に短期間のうちにグループ最大規模の製造工場を持つまでの実力者になりました。1963年(昭和38年)3月29日、永松氏が社長を退任、松園氏が専務に、二代目社長は代田博士、会長は財界から南喜一氏が就任しました。ヤクルトは松園氏というリーダーの下、新しい施策を次々に打ち出し、業界トップの座へと上り詰めることになります。

 権力抗争後、永松氏は退陣、1965年(昭和40年)に設立した別会社で乳酸菌飲料「クロレラ・プレット」を製造して、独自の道を歩み始めました。


社史の仕様・構成について

Page Top

Copyright(c) 2010 TOPPAN PRINTING CO.,LTD.

TOPPAN