トッパン年史センター
ごあいさつ
私たちの哲学
トッパン年史センターとは
会社史に託す夢
実践的会社史論
年史・社史編纂室から
博報堂120年史
ニッカウヰスキー80年史
ヤクルト75年史
トンボ鉛筆100年史
三井不動産七十年史
アサヒビールの120年 その感動をわかちあう。
ヨロズ60年の歩み
日立キャピタル50年の記録─次の50年、持続的成長のために─
夢の50年史『高級化粧品アルビオンの歩み』『語り継ぐアルビオンの言葉』
長瀬産業株式会社 創業175年―この40年の歩み
高砂香料工業株式会社80年史
年史編纂技法
お問い合わせ
TOP
年史・社史編纂室から

「トンボ鉛筆100年史」株式会社トンボ鉛筆 執行役員(人事総務担当) 社長室長 兼 経営戦略部長 菅 晃千さんの体験談をうかがいました。

PageNo. 1 2 3

編纂を終えての感想は・・・

 成功のポイントは早めに他の既刊誌から参考になるサイズ、装丁、形式、などのヒントを見つけ出し、自分たちの趣旨に沿った形を決めたことでスムーズに作業を進めることができたことです。

 一番大きなポイントは会社の歴史をきちんと記録する作業かと思います。そのために社外の方、コレクターの方などとの接点を持つことも大事なことだとつくづく思いました。歴史事実は丹念に史料をひも解いたり、インタビューをしたり、客観的な資料、新聞の記事、業界系団体からの資料、これらをコツコツと収集することが重要で、社史刊行に関わらず、日ごろやっておくべき大切なことと痛感しました。それからタイ語版、ベトナム語版。翻訳校正をどうするか。現地の多くの方々の好意的なご努力により、何とかなったといえますが、私たちは自分たちの目で確認できません。自分が直接関われず、大丈夫かという心配が残りました。制作に際し、専門的な翻訳のできる方を身近に確保して進めることも必要かと思いました。

 執筆は社内で進め、凸版印刷さんにリライトしていただきながら進行しましたが、客観的な視点も必要で、1冊の本に仕上げるためにはどうしても外部のライターさんの力がないと難しいと思いました。

 それから会社の経営の歴史とともに商品自体の歴史があります。トンボ鉛筆は、当初は経営の歴史と商品の歴史がほぼパラレルなものでしたが、戦後以降、鉛筆自体の消費量としては十数パーセントしかなくなり、かなりずれてまいりました。その転換点をどう捉えるか。特に最近、企業の業容の変化が激しく、歴史の流れの中で両者をどう扱うべきか難しい問題で、苦労した点といえます。

 今後の課題としては、調査体制、集めた資料の保管保存方法なども含め、いかに次世代につなげていくのか、私たちが答えを出していかなければと思っております。


年史・社史編纂室からTOPへ戻る

Page Top

Copyright(c) 2010 TOPPAN PRINTING CO.,LTD.

TOPPAN