トッパン年史センター
ごあいさつ
私たちの哲学
トッパン年史センターとは
会社史に託す夢
実践的会社史論
年史・社史編纂室から
博報堂120年史
ニッカウヰスキー80年史
ヤクルト75年史
トンボ鉛筆100年史
三井不動産七十年史
アサヒビールの120年 その感動をわかちあう。
ヨロズ60年の歩み
日立キャピタル50年の記録─次の50年、持続的成長のために─
夢の50年史『高級化粧品アルビオンの歩み』『語り継ぐアルビオンの言葉』
長瀬産業株式会社 創業175年―この40年の歩み
高砂香料工業株式会社80年史
年史編纂技法
お問い合わせ
TOP
年史・社史編纂室から

「トンボ鉛筆100年史」株式会社トンボ鉛筆 執行役員(人事総務担当) 社長室長 兼 経営戦略部長 菅 晃千さんの体験談をうかがいました。

PageNo. 1 2 3

社史制作の目的とかかった時間は・・・

 「100年史」は創立100周年事業のひとつとして、国内に限らず、海外、さらに工場の社員向けにも制作しました。2012年1月に刊行を決め、完成は2013年3月です。


会社概要をお聞かせください・・・

 トンボ鉛筆は非上場で公開会社ではありません。社名は比較的有名だと思うのですが、内情は一般にはあまり知られていないかと思います。創立は1913年(大正2年)、2013年2月11日に100周年を迎えました。売上は107億円(単体)、従業員数は400名(国内)、海外の販社3社、工場3社を合わせ、合計約1500名、事業内容は文房具の製造、販売です。海外販社は、アメリカに「アメリカントンボ」、ドイツに「トンボペン&ペンシル」、中国大連に2年前にできた「大連トンボ」です。生産工場はタイに製造拠点が1つあり、のりやボールペンの組み立てを行っています。ベトナムに2つ工場(ホーチミンの北と南)があり、 修正テープや鉛筆などを製造しています。国内では愛知県新城市に工場があり、鉛筆やマーカーなどの組み立てをてがけています。


会社の沿革は・・・

 1913年2月11日、創立者小川春之助が文房具類の卸業として小川春之助商店を立ち上げました。もともと、春之助の父親が鉛筆製造工場を持っており、次第に鉛筆製造に特化していきました。1928年、日本初の本格的な製図用鉛筆「TOMBOW DRAWING PENCILS」を発売。これは先ごろ創立100周年の記念商品として復刻盤を発売しましたので店頭でご覧になった方も多いと思います。

 1945年、終戦の年、空襲で工場が完全に焼失しました。その時社長は「復活は無理だ」とあきらめましたが、多くのご支援をいただき、その年の7月、工場を再建し製造を再開しました。会社にとってこの出来事は復活のための大きな起点になりました。

 終戦後もしばらくは鉛筆がメインの会社でした。この頃、皆さまよくご存知の黄色いパッケージの「8900」番の鉛筆が誕生しました。本業から外れますが10年後、プロ野球球団「高橋ユニオンズ」に1年だけ「トンボ・ユニオンズ」という名称でスポンサー参加をしたこともあります。文房具では1957年にシャープペンシル「HOMOホルダー」を、1958年にはボールペン「クラウントンボ」を発売しました。トンボ鉛筆という会社でありながら「ボールペントンボ」という名称が使えなかったのは「トンボ」という商標が鉛筆以外の文房具類で他の方が権利をすでに取られていたからでした。

 この時期から鉛筆以外の文房具を手がけましたが、1967年から68年にかけ、ボールペンの品質不良問題があり、厳しい経営難に遭遇しました。それを救ったのが、国産初のスティックのりの「ピット」です。今は「消えいろピット」として皆さまお馴染みの文房具です。これをきっかけに、また会社が発展していくことになりました。

 1991年、乾かす手間がいらない修正テープ「モノホワイトテープMS」を発売。今では修正テープのトップシェアになっております。1993年、塗った所の色が消えていくのり「消えいろピット」を発売するなど、業界でも絶えず先進的な商品を出してきた歴史を持った会社ではないかと思います。


社史の仕様・構成について

Page Top

Copyright(c) 2010 TOPPAN PRINTING CO.,LTD.

TOPPAN