トッパン年史センター
ごあいさつ
私たちの哲学
トッパン年史センターとは
会社史に託す夢
実践的会社史論
年史・社史編纂室から
博報堂120年史
ニッカウヰスキー80年史
ヤクルト75年史
トンボ鉛筆100年史
三井不動産七十年史
アサヒビールの120年 その感動をわかちあう。
ヨロズ60年の歩み
日立キャピタル50年の記録─次の50年、持続的成長のために─
夢の50年史『高級化粧品アルビオンの歩み』『語り継ぐアルビオンの言葉』
長瀬産業株式会社 創業175年―この40年の歩み
高砂香料工業株式会社80年史
年史編纂技法
お問い合わせ
TOP
年史・社史編纂室から

「日立キャピタル50年の記録─次の50年、持続的成長のために─」日立キャピタル株式会社人事教育部主幹 創立50周年準備室副室長 嶋口司さんの体験談をうかがいました。

PageNo. 1 2 3

編纂を終えての感想は・・・

 OBを取り込むというのは、やはりいいのではないかと思います。役員をやった人たちというのは、大きな流れは外しません。これは教訓です。

 反省点としては、検索機能の不足が挙げられます。10年後、20年後に見たときに意味がわからなくなるおそれのある、いわゆる社内用語、業界用語も索引で拾おうと思ったのですが、諸般の事情であきらめました。ひじょうに残念なことでした。

 あとは役員の基準です。役員の名前をどういうふうに出すかという基準。これはしっかり決めたほうがいい。そうでないと、社史を出したあと、自分の名前が出ていないというクレームがだれかからつくということになりかねません。


年史・社史編纂室からTOPへ戻る

Page Top

Copyright(c) 2010 TOPPAN PRINTING CO.,LTD.

TOPPAN