トッパン年史センター
ごあいさつ
私たちの哲学
トッパン年史センターとは
会社史に託す夢
実践的会社史論
年史・社史編纂室から
博報堂120年史
ニッカウヰスキー80年史
ヤクルト75年史
トンボ鉛筆100年史
三井不動産七十年史
アサヒビールの120年 その感動をわかちあう。
ヨロズ60年の歩み
日立キャピタル50年の記録─次の50年、持続的成長のために─
夢の50年史『高級化粧品アルビオンの歩み』『語り継ぐアルビオンの言葉』
長瀬産業株式会社 創業175年―この40年の歩み
高砂香料工業株式会社80年史
年史編纂技法
お問い合わせ
TOP
年史・社史編纂室から

「日立キャピタル50年の記録─次の50年、持続的成長のために─」日立キャピタル株式会社人事教育部主幹 創立50周年準備室副室長 嶋口司さんの体験談をうかがいました。

PageNo. 1 2 3

社史制作の目的とかかった時間は・・・

 創立以来一貫して流れる精神と理念、これを紙にまとめて再認識してもらうことにより、社員の意識の向上に役立てよう、というのがまずありました。それから、先輩たちの培ってきたビジネス体験を社史発刊によって共有のものとし、次の50年も成長を続けていく、ということも考えました。

 創立50周年準備室ができたのが2005年の10月、社史の発行は2007年の11月ですから、丸2年かかったことになります。本当は創立記念日の9月10日に出す方針だったのですが、2カ月遅れてしまいました。制作期間はやはり3年ぐらいあったほうが、実感としてよいのではないかと思います。


会社概要をお聞かせください・・・

 日立製作所のグループ会社の日立リースと日立クレジットが合併してできた会社で、ファイナンス部門を扱っています。創立は1957年で、従業員は約3,500人。国内の営業網は北海道から沖縄まで、全国を網羅しています。経営理念は、「持続的成長、人間尊重、企業倫理の実践」。経営方針としては、「個人の尊厳や個性を大切に」「物にこだわった金融サービスを提供する」「お客様と地域に密着したサービス」などを掲げています。

 企業、農家、医療機関、官公庁などに、産業機器、建設機械、医療機器、農業機器といったもののリース・レンタル・信用保証などを行う一方、一般消費者向けには、自動車・家電・リフォーム・住宅などの生活をサポートするようなリース・信用保証その他の金融サービスをしています。もうひとつは、金融サービスに付帯するカード・損害保険・証券化などの事業です。


会社の沿革は・・・

 創業した1950年代に経営基盤を確立し、60年代には国内の関連会社とのネットワークを築いて支払い方法を多様化しました。70年代には国際ネットワークをつくり、一部上場を果たします。80年代には資金の調達・多様化を行い、コーポレートアイデンティティ(CI)もつくりました。社債の信用格付けを受け、もう少し会社の格を上げていこうという発想からです。さらに90年代には、グローバルスタンダード経営やサーベイ品質など、社会貢献の分野に手を広げました。そして2000年、日立リースと日立クレジットが合併し、現在の日立キャピタルが生まれました。


社史の仕様・構成について

Page Top

Copyright(c) 2010 TOPPAN PRINTING CO.,LTD.

TOPPAN