トッパン年史センター
ごあいさつ
私たちの哲学
トッパン年史センターとは
会社史に託す夢
実践的会社史論
年史・社史編纂室から
博報堂120年史
ニッカウヰスキー80年史
ヤクルト75年史
トンボ鉛筆100年史
三井不動産七十年史
アサヒビールの120年 その感動をわかちあう。
ヨロズ60年の歩み
日立キャピタル50年の記録─次の50年、持続的成長のために─
夢の50年史『高級化粧品アルビオンの歩み』『語り継ぐアルビオンの言葉』
長瀬産業株式会社 創業175年―この40年の歩み
高砂香料工業株式会社80年史
年史編纂技法
お問い合わせ
TOP
年史・社史編纂室から

「長瀬産業株式会社 創業175年―この40年の歩み」長瀬産業株式会社人事総務部社史編纂担当 岡田藤郎さんの体験談をうかがいました。

PageNo. 1 2 3

編纂を終えての感想は・・・

 資料・写真が少なくて苦労しました。1960年から2002年まで年に3回出ていた「社報」に助けられましたね。写真も、かなりの部分は古い「社報」を複写しました。今、英語版を制作中ですが今回の仕事が終わったら、次のための資料蓄積を考えたいと思います。今はデジタルデータにできるので、引き継いでくれる人がいれば大丈夫でしょう。

 反省点は、当社事業の主体である国内取引の経緯を詳述できなかったことです。同じ商品でもいろいろなメーカーから仕入れていろいろなお客様に売っているので、共同・競合関係が複雑なためです。社内では「書けなくても仕方がない」と言われますが、私としては残念です。

 社史というのは多くの場合、何十年に一度しか作らないので、ほとんどの人が素人です。当社は社内にプロを招きましたが、「135年史」の圧縮をお願いしたり、本つくりの特殊な用語を教えてもらったり、ずいぶん助かりました。もちろん凸版印刷さんも頼りにしていましたし、とにかくプロの指導は必須だと実感しました。


英文社史の状況は・・・

 日本語版社史の配布作業が一段落した2008年5月頃から、英語版作成の作業に着手しました。体裁も含めて、基本的に日本語版を踏襲することにしていましたので、新たな取材等はありません。最初の仕事は翻訳作業でした。翻訳は、当社の英語版年次報告書を作成してくれていた会社に依頼しました。私の主な仕事は、この英文原稿を読んで日本語版との調和を確認することでした。英語版原稿については会社のトップに一々見てもらうことはしませんでした。約半年掛けて翻訳作業が終了すると、再び凸版印刷さんに登場していただきました。日本語を英訳するとページ数が増えると覚悟していましたが、ぴったりと同じページ数にしていただきました。お陰で挿入写真もほぼ同じ位置に入れることができました。制作担当者としては感動しましたね。英語版完成は日本語版から一年以上経過していましたので、社長の特別寄稿の内容を少し改め、資料は一年新しい2008年3月末現在のものを使いました。また、当社海外拠点の社員に読んでもらうことも意識して、各海外拠点の活動状況を追加掲載しました。
英語版は2009年5月に完成、海外取引先、当社海外拠点社員を中心に配布しました。
実は、中国語版の作成も考えたのですが、必要部数とコストがバランスせず、これは断念しました。
次回社史を作るときは間違いなく3ヶ国語での出版になるでしょう。(了)


年史・社史編纂室からTOPへ戻る

Page Top

Copyright(c) 2010 TOPPAN PRINTING CO.,LTD.

TOPPAN