トッパン年史センター
ごあいさつ
私たちの哲学
トッパン年史センターとは
会社史に託す夢
実践的会社史論
年史・社史編纂室から
博報堂120年史
ニッカウヰスキー80年史
ヤクルト75年史
トンボ鉛筆100年史
三井不動産七十年史
アサヒビールの120年 その感動をわかちあう。
ヨロズ60年の歩み
日立キャピタル50年の記録─次の50年、持続的成長のために─
夢の50年史『高級化粧品アルビオンの歩み』『語り継ぐアルビオンの言葉』
長瀬産業株式会社 創業175年―この40年の歩み
高砂香料工業株式会社80年史
年史編纂技法
お問い合わせ
TOP
年史・社史編纂室から

「長瀬産業株式会社 創業175年―この40年の歩み」長瀬産業株式会社人事総務部社史編纂担当 岡田藤郎さんの体験談をうかがいました。

PageNo. 1 2 3

社史制作の目的とかかった時間は・・・

 当社は2007年、平成19年6月に、創業175周年、会社設立90周年を迎えました。創業135年、会社設立50周年にあたる40年前にも社史を制作しましたが、それ以来長い年月が過ぎており、歴史の空白が広がらない、同時に貴重な資料が散逸しないうちに収集・整理して、正式な社史として残そうというのが、第一の目的です。

 2004年7月に社史の制作が決定し、2008年3月に関係各所へ配布しましたから、約3年半かかったことになります。


会社概要をお聞かせください・・・

 創業は江戸時代の1832年、天保3年です。会社設立は1917年、大正6年12月で、2008年3月末現在の資本金が96億99百万円、連結売上高は7,647億55百万円、従業員数は連結で4,335人です。海外を含めた連結会社が51社、主な事業内容は、化学品、合成樹脂、電子材料、化粧品、健康食品などの輸出入と国内販売で、歴史的には化学品の専門商社といわれてきました。最近は「知恵をビジネスにする技術・情報企業」と謳っておりますが、端的にいえば生産・研究開発機能を持った商社です。


会社の沿革は・・・

 1832年、京都・西陣において絹織物産業向けに染料・でんぷん・ふのりなどを販売する「鱗形屋」として創業しました。天然染料から合成染料へと市場が変化する中、1900年にはスイスのバーゼル化学工業(チバ社)と取引を開始しました。1930年には米国のユニオンカーバイド社(現在ダウケミカル)の代理店となりました。日本の化学工業が本格的に立ち上がる前に欧米の化学工業製品を紹介し、市場を拡大し、そこから国内の商売に結びつけて発展していったのです。株式会社発足は1917年で、1939年には尼崎工場で糊抜剤(のりぬきざい)製造を開始しました。商社でありながら、早くから「ものづくり」を手がけてきたというのが当社の特徴といえます。化学品とは異なりますが、1926年、大正15年から米国イーストマン・コダック社の映画用フィルムの輸入を開始、その後写真関連製品全般を扱う総代理店となりました。原材料の取り扱いの多い当社にとってこの時期、写真フィルムの販売を通じて名前が一般消費者にも知られるようになったかもしれません。コダック事業は平成元年に日本コダック(株)に引き継がれるまで続きました。

 1968年、General Electric社と合成樹脂の代理店契約を結びます。これは日常よく目にするポリエチレンとか塩ビなどとは異なる、より物性の高い、いわゆるエンプラ(エンジニアリング・プラスチック)といわれる樹脂です。現在はコピー機、パソコン、自動車などに盛んに使われているエンプラですが、当時市場はまだ創成期というべき時期で、その扱いに関しては社内で是非論が沸騰したそうです。

 1970年、東京・大阪両方の証券取引所で一部上場を果たしました。この年、チバ社との間でエポキシ樹脂を製造する合弁会社「長瀬チバ株式会社」を設立しました。翌71年にはGE社との合弁会社「エンジニアリングプラスチックス株式会社」を設立してエンプラの国内生産に乗り出しました。

 商社事業や製造事業だけではなく、1989年には「長瀬科学技術振興財団」を設立、以来化学・バイオの研究開発への助成をしています。翌年には商社としては珍しいと思いますが、研究開発機能と技術評価機能を発揮する為に神戸ハイテクパーク内に「研究開発センター」を開設しました。また2001年には、主要製造子会社4社を統合して資本金24億20百万円の「ナガセケムテックス株式会社」を設立しました。この会社は現在、当社のメーカー機能の中核を担うものとなっております。


社史の仕様・構成について

Page Top

Copyright(c) 2010 TOPPAN PRINTING CO.,LTD.

TOPPAN