トッパン年史センター
ごあいさつ
私たちの哲学
トッパン年史センターとは
会社史に託す夢
実践的会社史論
年史・社史編纂室から
博報堂120年史
ニッカウヰスキー80年史
ヤクルト75年史
トンボ鉛筆100年史
三井不動産七十年史
アサヒビールの120年 その感動をわかちあう。
ヨロズ60年の歩み
日立キャピタル50年の記録─次の50年、持続的成長のために─
夢の50年史『高級化粧品アルビオンの歩み』『語り継ぐアルビオンの言葉』
長瀬産業株式会社 創業175年―この40年の歩み
高砂香料工業株式会社80年史
年史編纂技法
お問い合わせ
TOP
年史・社史編纂室から

「高砂香料工業株式会社80年史」

PageNo. 1 2 3

社史担当を任命された時は…

 高砂香料は2000年2月に創立80周年を迎えまして、私も編集委員兼事務局長として関わってきました『80年史』が2003年12月にようやく刊行することができました。

 私が高砂香料に入社したのが1965年、その5年後の1970年に会社は創立50周年を迎えまして『50年史』が刊行されたのが1973年、いずれも記念式典から発刊までに3年かかっております。

 私は入社以来37年間広報室の仕事をやってきまして、そんな関係から『80年史』の編纂委員兼事務局長というようなことを任されました。1999年の経営会議で社長から『80年史』を発刊するという発表があったとき私はまだ現役の広報室長でしたので、とても年史に集中することができませんでした。

 私が定年退職しましたのが2002年の9月末です。それからほぼ年史の仕事に専念できるようになりまして仕事が随分はかどるようになってはきましたが、私自身は土日に出勤して原稿を書いたりして退職した後の方が忙しくなってしまいました。それから発刊までの約1年と10ヵ月はいつも『80年史』のことがどこか頭の片隅にありまして、なかなか開放された気分というわけにはいきませんでした。


会社概要をお聞かせください…

 創立が1920年、大正9年2月9日、資本金が92億円、売上高単独で575億円、連結で1,800億円、これは2003年3月の数字です。従業員数は単独で1,081名、連結で2,405人、関連会社数が国内10社、海外8社という規模の会社です。

 企業理念が「技術立脚の精神に則り社会に貢献する」。事業内容は全くの原料メーカーでして、ちょっと聞き慣れない言葉かもしれませんが、フレーバー、フレグランス、アロマケミカル、ファインケミカルの製造販売を主にやっております。


会社の沿革は…

 1920年、大正9年、日本最初の合成香料製造会社として創業、技術者15名と経理部4名ということです。技術者集団で作った会社ということで、先ほどの企業理念もそういうところから出てきております。1927年商工省(現:経済産業省)より工業奨励金を下付、これは1936年までに4回の奨励金を受けております。1929年には日本最初の香料輸出ということで、イギリスにサフロール3tを輸出しております。

 少し飛びまして、1960年、大戦後15年くらい経った時ですが、国際化に向けてパリとニューヨークに駐在所を開設しております。私どもくらいの規模の会社でこんなに早くから海外に出張所を設ける例というのは以外と少なくて、それなりに注目もされたものです。1980年、昭和55年に八丁堀と蒲田に分散しておりました本社機構を高輪の方に移転統合いたしました。

 1983年には「においの人間に対する影響」ということをテーマで第1回高砂香料シンポジウムを開催しております。このシンポジウムによりまして今盛んに言われております“アロマテラピー”といった匂いの機能性がたいへん注目されるようになってきました。これは以後10回開催しております。

 1983年には不斉合成法によるl-メントールの生産を開始しております。この不斉合成法というのは2001年野依先生がノーベル化学賞を受賞されたわけですが、この時に先生のご指導のもとに当社の磐田工場で成功したl-メントールの生産がノーベル賞に一役かったというようなことです。1993年には蒲田にありました総合研究所を平塚に移転しております。

 1998年、本社を創業の地、蒲田に移し2000年には創業80周年を迎えました。それから2001年、野依良治社外取締役がノーベル賞を受賞ということですね。これは先ほどちょっと触れました不斉合成法によるl-メントールの成功がその影にあります。野依先生には受賞の3カ月ほど前の6月に社外取締役に就任していただいたばかりの出来事でたいへんな快挙となりました。


編纂体制と経過について

Page Top

Copyright(c) 2010 TOPPAN PRINTING CO.,LTD.

TOPPAN