ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。
TOP > テーマ別ソリューション > プロモーション効果検証

プロモーション効果検証

情報化社会が進むにつれて、商品・サービスに関する情報は、より多くのメディア・場所で消費者に接触されています。このような環境下で広告やキャンペーン等のプロモーションを成功に導くためには、プロモーションのターゲットである顧客と、目標となる効果、それを測定する適切な効果指標(KPI: Key Performance Index)を事前に設定することが必要です。その上で、検証結果を元にした適切な施策を実施していくことで、プロモーションの精度は向上します。消費行動研究室では、クライアントのビジネス目標達成に役立つように、効果検証を組み込んだプロモーション調査・分析の提案をサポートしています。

プロモーション効果検証の考え方

消費行動研究室では、PDCAサイクルでプロモーション精度を向上していく仕組みを基本として、効果検証の提案をしています。
図:効果検証1

プロモーション効果検証の指標例

マスキャンペーンの効果指標の場合、プロモーションの課題抽出のために、購買に代表される「行動率」に加えて、段階的に効果指標を設定します。また継続的に効果を分析するために、時系列で把握可能な指標を設定する必要もあります。
図:効果検証2

実績

  • 食品/飲料メーカー・・・コンビニエンスストアでのナショナルキャンペーンの効果測定
  • 飲料メーカー ・・・Cフェイスを用いたデジタルサイネージ効果検証
  • 地方銀行 ・・・・・・定期預金キャンペーンの効果検証

ページTOP