ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。
TOP > テーマ別ソリューション

テーマ別ソリューション

進化する生活者とそのコミュニケーションに対応するために、企業は様々な領域でマーケティングの革新を求められています。消費行動研究室では生活者と企業の新しいコミュニケーションを築くために、様々な局面での調査・分析ソリューションを提案します。
幅広い業種のクライアントを対象に、商品・サービスの市場環境や販売ターゲットとなる顧客層の調査・分析を日々行っています。

詳しくはこちら


効果的なプロモーションの施策を立案するためには、その商品やチャネルにおける生活者の購買行動を把握することが必要です。購買行動把握では、購買決定までの行動やプロセス、またその背景にある意識を捉えることで、購買行動を明らかにします。

詳しくはこちら


商品開発のプランニングから、パッケージのデザイン・構造設計、ユーザビリティ把握に至るまで、商品開発のプロセスに沿って必要な調査メニューを取り揃えています。

詳しくはこちら


様々な店頭での情報を組合わせて設計したインストアコミュニケーション施策が、どのように消費者に働きかけて、最終的に購買に至るのかを把握し、施策を改善に導くための調査メニューを取り揃えています。

詳しくはこちら


プロモーションのPDCAサイクルの構築に必要な効果検証。対象となるプロモーション施策に適切な評価指標を設定し、効果を分かりやすく「見える化」します。

詳しくはこちら


「お客様の声」を、経営戦略や営業戦略に反映させる企業が増えています。 お客様の声やニーズ、顧客接点の実態を把握する様々な調査メニューを取り揃えています。

詳しくはこちら


科学技術の発展に伴い、今までベールにつつまれていた「人間の脳の働き」が少しずつ解明されてきています。
消費行動研究室では、脳科学・生体反応・心理学といった分野の専門家を交えて、2010年から研究活動を行っています。

【脳科学研究事例①】
キャラクターに対する「なじみ感」を心拍計測により把握する研究

【脳科学研究事例②】
パッケージデザインの「なじみ感」を心拍計測により把握する研究

【脳科学研究事例③】
スマートフォンアプリでの学習方法の違いによる記憶定着の違いを検証する研究

【脳科学研究事例④】
店頭の実物POPの効果を脳波により検証する研究

詳しくはこちら


bluetoothを活用した店内動線計測実験 店頭に電池付きのbluetoothタグの発信機を一定間隔で複数個設置し、スマートフォンとの通信記録から位置情報を特定する技術を開発しました。

詳しくはこちら


ページTOP