TOPPAN 凸版印刷株式会社

当サイトは、コミュニケーションメディアのひとつである印刷表現の幅を広げ、クリエイティブに役立つ情報を発信するウェブサイトです。凸版印刷のグラフィック・アーツ・センター(GAC)が運営しています。

GRAPHIC TRIAL グラフィックトライアルトップクリエイターとともに印刷表現の可能性を探ります

GRAPHIC TRIAL SPEC 水野 学
画像
FILE 1

FILE 2

FILE 3

FILE 4

SPEC

FIN.

SPEC

平和の響き − 空表現の追求

「『平和』は世界中の人が願う究極のテーマです。ポスターを作品としてつくるなら自分なりのメッセージを込めたいと考え、平和への願いを僕の大好きな青空で表現してみることにしました。透き通るように透明で、淡いけれど深くて、鮮やかだけれど優しい空。でもその再現はとても難しくて、何度挑戦してもなかなか思い通りになりませんでした。この機会に自分の思い描く空を徹底的に追いかけてみるつもりです。」

原稿と仕様

8×10のカメラで撮影した空の写真のネガフィルムと、デジタルカメラで撮影したハトの写真を入稿。B1サイズ5連(1,030×3,680mm)の大きさに引き延ばした空の上に、平和の言葉を描くようにハトを配置した。空になじむよう、ハトの画像は粗くして8×10の粒状性に合わせている。

原稿と仕様
プリンティングディレクター

田中一也
凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部 グラフィック・アーツ・センター

プロフィール
水野 学 MIZUNO MANABU

水野 学
MIZUNO MANABU

アートディレクター
クリエイティブディレクター

1972年東京生まれ。茅ヶ崎育ち。1996年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、(株)パブロプロダクション入社。その後、(株)ドラフトを経て、1999年にgood design company設立。ブランドづくりの根本からロゴ、商品企画、パッケージ、インテリアデザインまで、トータルにディレクションを行う。主な仕事に、NTTドコモ「iD」、「農林水産省」CI、宇多田ヒカル「SINGLE COLLECTION VOL.2」、「桜流し」「東京ミッドタウン」、台湾セブンイレブン「7-SELECT」リブランディング、熊本県キャラクター「くまモン」、「多摩美術大学」、「中川政七商店」、新文具ブランド 「STALOGY」、ユニクロ「UT」、ルミネ「iLumine」、「adidas」、「J-WAVE」、オンワード樫山「23区」、ANA「travel Smap」、首都高事故削減プロジェクト「TOKYO SMART DRIVER」、kurkku「プレオーガニックコットンプログラム」、ベネッセ「World Wide Kids English」、「東京都現代美術館」サイン計画、国立新美術館「ゴッホ展」、森美術館「ル・コルビュジエ展」「東京−ベルリン/ベルリン−東京展」、「東京カレーラボ」、「世界陸上2007」、VERY×ブリヂストンコラボ自転車「HYDEE.B」、「KIRIN903」、「ラーメンズ」、椎名林檎「林檎班」ほか。自ら企画運営するブランド『THE』では、“世の中の定番を新たに生み出し、定番と呼ばれるモノの基準値を引き上げていくこと”を目指しクリエイティブディレクションを担当する。good design company 代表取締役、慶應義塾大学特別招聘准教授。

FILE 1

FILE 2

FILE 3

FILE 4

SPEC

FIN.
  • グラフィックトライアル twitterはじめました

PDFファイルをご覧になるには、下のボタンから最新のプラグインをダウンロードし、インストールしてご覧ください。

Get Adobe Reader

  • ご意見・ご感想・お問い合わせ 
  • 著作権について 
  • 個人情報保護方針
© 2002 TOPPAN PRINTING CO., LTD.